」カテゴリーアーカイブ

「明けても暮れても」とは、朝から晩まで、休みなくという意味の慣用句

「明けても暮れても」とは、朝から晩まで、休みなくという意味の慣用句です。

意味

  • 朝から晩までずっと
  • 休むことなく
  • 絶えず

使い方

  • 明けても暮れても働く
  • 明けても暮れても勉強する
  • 明けても暮れてもそのことばかり考える

例文:

  • 彼は、借金を返すために、明けても暮れても働いた。
  • 彼女は、試験合格のために、明けても暮れても勉強した。
  • 彼は、彼女のことばかり考えて、明けても暮れても頭から離れなかった。

類義語:

  • 朝から晩まで
  • 休む間もなく
  • 昼夜を分かたず
  • 絶えず
  • 常に
  • 始終
  • ひっきりなしに

対義語:

  • 休む
  • 一休みする
  • 息抜きする
  • 時々
  • たまに

補足:

  • 「明けても暮れても」は、時間的な制約を表すだけでなく、精神的な集中を表す場合もあります。
  • 「明けても暮れても」は、ポジティブな意味だけでなく、ネガティブな意味で使われる場合もあります。

参考URL:
明けても暮れても ―続 いつか恋になるまで―|無料漫画(まんが)ならピッコマ|倉橋トモ

「頭が上がらない」とは、病気などの理由で、体が弱って起き上がれないという意味

「頭が上がらない」とは、病気などの理由で、体が弱って起き上がれないという意味があります。

  1. 病気などの理由で、体が弱って起き上がれない

この意味では、主に病気や怪我などで寝たきり状態になっている人に対して使われます。

  • 高齢で体が弱り、「頭が上がらない」日々を送っている。
  • 事故で重傷を負い、しばらくの間「頭が上がらない」状態だった。
  1. 忙しくて、仕事や家事に追われて休む暇がない

この意味では、仕事や家事などで忙しく、ゆっくり休む時間がない人に対して使われます。

  • 年末年始は仕事が忙しくて、「頭が上がらない」毎日だった。
  • 小さな子供がいるので、毎日家事に追われて「頭が上がらない」。

状況によって意味が異なる

このように、「頭が上がらない」という言葉は、状況によって異なる意味を持ちます。使う際には、文脈をよく考えて、適切な意味で使用することが大切です。

類義語

  • 寝たきり
  • 病弱
  • 体調不良
  • 疲労困憊
  • 忙殺

対義語

  • 元気
  • 健康
  • 余裕
  • 軽快

参考URL:

頭が上がらない(あたまがあがらない)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「穴の開くほど見つめる」は、じっと見つめて離さない様子を表す慣用句

「穴の開くほど見つめる」は、じっと見つめて離さない様子を表す慣用句です。

「穴の開くほど」という部分は、非常に長い時間見つめていることを強調する表現です。

具体的には、以下のような状況で使われます。

  • 好きな人や気になる人を見つめる:恋をしている人や、好意を持っている人を見つめる様子。
  • 興味深いものを見つめる:珍しいものや、興味深いものを見つめる様子。
  • 集中して何かを見つめる:勉強や仕事に集中して、何かを見つめる様子。

「穴の開くほど見つめる」は、じっと見つめるという行為だけでなく、その行為に込められた感情も表現しています。

  • 愛しさ:好きな人や気になる人を見つめる場合。
  • 興味:珍しいものや、興味深いものを見つめる場合。
  • 集中力:勉強や仕事に集中して、何かを見つめる場合。

このように、「穴の開くほど見つめる」は、単にじっと見つめるだけでなく、その行為に込められた感情も表現できる慣用句と言えるでしょう。

例文

  • 彼女は、彼を穴の開くほど見つめていた。
  • 子供は、ショーウィンドウの玩具を穴の開くほど見つめていた。
  • 科学者は、顕微鏡をのぞき込み、サンプルを穴の開くほど見つめていた。

類語

  • じっと見つめる
  • じっと見詰める
  • 凝視する
  • 食い入るように見つめる
  • 目を離さない

対義語

  • 見ない
  • 無視する
  • ちらっと見る
  • そっけなく見る
  • 目をそらす

その他

「穴の開くほど見つめる」は、視覚的な表現であると同時に、その行為に込められた感情も表現できる慣用句です。

状況に合わせて、適切な言葉を選ぶようにしましょう。

参考URL:
穴の開くほど(あなのあくほど)とは? 意味や使い方 - コトバンク

「頭を捻る(あたまをひねる)」は、考え抜いたり、工夫したりする様子を表す慣用句

「頭を捻る(あたまをひねる)」は、考え抜いたり、工夫したりする様子を表す慣用句です。

「頭」は思考器官を、「捻る」は考えたり工夫したりする動作を表します。つまり、「頭を捻る」は、頭を働かせて、様々な角度から考え抜いたり、工夫したりする様子を指します。

例文

  • 新しい企画書を作成するために、頭を捻ってアイデアを考えた。
  • 難問を解くために、頭を捻って考え抜いた。
  • 予算が限られているので、頭を捻って節約した。

「頭を捻る」を使う際のポイントは、以下の通りです。

  • 単に考えるだけでなく、深く考え抜いたり、工夫したりする様子を強調する。
  • 熱心に取り組んでいる様子を伝える。
  • ユーモラスな表現にも使える。

類義語

  • 考える
  • 思案する
  • 工夫する
  • 頭を悩ませる
  • 眉間に皺を寄せる

対義語

  • 考えない
  • 諦める
  • 放置する
  • 無頓着
  • 無関心

その他

  • 「頭を捻る」は、日常生活や仕事など、様々な場面で使われることができます。
  • ユーモラスな表現として使われることもありますが、真面目に取り組んでいる様子を伝える際にも効果的な表現です。

「頭を捻る」は、思考力や創造力を表す表現です。適切な場面で使えば、文章に深みを与えることができますので、ぜひ覚えておきたいですね。

以下は、「頭を捻る」の英語表現の例です。

  • rack one's brains
  • cudgel one's brains
  • try to think of something
  • come up with an idea
  • use one's ingenuity

状況に合わせて、適切な表現を選んでみてください。

参考URL:
頭を捻る(あたまをひねる)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「会うは別れの始め」とは、人と人とが出会うことは、必ず別れに繋がるものだという人生の無常を説いたことわざ

「会うは別れの始め」とは、人と人とが出会うことは、必ず別れに繋がるものだという人生の無常を説いたことわざです。

例:

  • 遠距離恋愛をしている彼と会うのは、「会うは別れの始め」を実感する。
  • 長年会っていなかった友人と会っても、すぐに別れる時間が来てしまう。
  • どんなに楽しい時間でも、いつか別れの時は訪れる。

類義語:

  • 生者必滅、会者定離
  • 聚散皆有緣
  • 無常

対義語:

  • 永遠
  • 不変
  • 永劫回帰

補足:

  • 仏教の教えに基づいたことわざ。
  • 人生の無常を悟り、今この瞬間を大切に生きることの重要性を説いている。

「会うは別れの始め」は、ネガティブ な 意味 として 解釈 される こと が多い ですが、 必ずしも そう では ありません。

出会い は 必ず 別れ に 繋 がる もので ある と 認識 する こと で、 毎 回 の 出会い を より 大切に 過ごす こと が できる でしょう。

また、 別れ は 新たな 出会い の 始まり とも 言 え ます。

前向き に 考え れば、 「会うは別れの始め」 は 人生 の 美しさ を 表 現 する ことわざ とも言 える でしょう。

人生 は 短い ものです。 出会 い 一つ 一つ を 大切 に し、 今 この 瞬間 を 満喫 しましょう。

参考URL:
仏教からなることわざ「会うは別れの始め」の意味とは?

「足が鈍る」とは、運動不足で、足が動かなくなったり、感覚が鈍くなったりすること

「足が鈍る」とは、運動不足で、足が動かなくなったり、感覚が鈍くなったりすること。

読み方: あしがにぶる

意味:

  • 運動不足で、足が動かなくなったり、感覚が鈍くなったりすること。
  • 歩いたり走ったりすることが難しくなること。
  • 長く歩いたり走ったりしていないために、体が慣れていない状態になること。

語源:

  • 古くから使われている表現。

類義語:

  • 足が重い
  • 足が疲れる
  • 足が痛む
  • 足がむくむ
  • 足がつりそうになる

対義語:

  • 足が軽い
  • 足が速い
  • 足が丈夫
  • 足腰が強い
  • スタミナがある

例文:

  • 運動不足で、足が鈍ってきている。
  • 長い間歩いていると、足が鈍ってくる。

補足:

  • 足が鈍るは、運動不足だけでなく、加齢や病気などによっても起こります。

その他:

  • 足が鈍るのを防ぐ方法: [無効な URL を削除しました]

例文を追加:

  • 彼は、怪我で足が鈍っていたため、試合に出場できなかった。
  • 彼女は、高齢のため、足が鈍り、歩くのが難しくなってきた。

補足:

  • 彼が怪我をした状況: 怪我の種類、治療経過、リハビリの様子などを説明する。
  • 彼女の年齢と生活状況: 年齢、家族構成、生活習慣などを説明する。

参考URL:
足が鈍る | ルーツでなるほど慣用句辞典 | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス

「頭を抱える」とは、困り果てて、どうしたら良いか分からない状態を表す慣用句

「頭を抱える」とは、困り果てて、どうしたら良いか分からない状態を表す慣用句です。

意味:

    1. 頭を両手で抱えて、悩みや苦しみを表す。
    1. 困り果てて、どうしたら良いか分からない状態を表す。
    1. 頭痛や目の疲れなど、頭部に不調を感じて、頭を押さえる。

例文:

  • テストの結果が悪くて、頭を抱えた。
  • 仕事が忙しくて、頭を抱えている。
  • 頭痛がひどくて、頭を抱えた。

類義語:

  • 悩む
  • 苦しむ
  • 困り果てる
  • 途方に暮れる
  • 八方塞がり

対義語:

  • 安心
  • 楽観
  • 解決
  • 余裕
  • 落ち着き

補足:

  • 「頭を抱える」は、世界共通のジェスチャーと言われています。
  • 悩みや苦しみだけでなく、喜びや驚きなどの強い感情を表す場合にも使われます。
  • また、頭部に不調を感じている時に、頭を押さえる動作を表す場合にも使われます。

参考:

  • 頭を抱える - goo国語辞書: [無効な URL を削除しました]
  • 頭を抱える - コトバンク: [無効な URL を削除しました]

関連表現:

  • 悩む
  • 苦しむ
  • 困る

注意:

  • 特に深刻な悩みや苦しみを表す場合は、「頭を抱えてうなだれる」、「頭を抱えて部屋を歩き回る」など、具体的な動作を伴う表現を使うと、より効果的に感情を伝えることができます。

参考URL:
「頭を抱える(あたまをかかえる)」の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書

「天の邪鬼(あまのじゃく)」とは、意地っ張りで、人の意見に逆らったり、わざと反対のことをしたりする人

「天の邪鬼(あまのじゃく)」とは、意地っ張りで、人の意見に逆らったり、わざと反対のことをしたりする人。

読み方: あまのじゃく

意味:

  • 意地っ張りで、人の意見に逆らったり、わざと反対のことをしたりする人。
  • 素直ではなく、ひねくれた性格の人。
  • 鬼の一種で、人の心を惑わしたり、悪さをするものと考えられていた。

語源:

「天の邪鬼」の語源は諸説ありますが、以下のような説があります。

  • 古代日本の神話 に登場する、いたずら好きで意地っ張りな神である 天探女(あまのさぐめ) に由来する。
  • 仏教 における 護法善神 である 毘沙門天(びしゃもんてん) の鎧(よろい)の腹の辺りにある鬼の面が由来する。
  • 中国 の故事から由来する。

使い方:

「天の邪鬼」は、以下のような状況で使われます。

  • 意地っ張りで、人の意見に逆らう人の性格を表現したいとき
  • 素直ではなく、ひねくれた性格の人を表現したいとき
  • 鬼や妖怪のような存在を表現したいとき

例文:

  • 彼は天の邪鬼で、いつも人の意見に逆らっている。
  • 彼女は天の邪鬼のような性格で、なかなか本心を打ち明けてくれない。
  • 昔話には、天の邪鬼が登場するものがたくさんある。

注意:

「天の邪鬼」という言葉は、単に意地っ張りというだけでなく、悪意や反抗心を持っている というニュアンスが含まれている場合があります。

類義語:

  • 意地っ張り
  • ひねくれ者
  • つむじ曲がり
  • へそ曲がり
  • 頑固

対義語:

  • 素直
  • 従順
  • おとなしい
  • 優しい
  • 協調性

参考URL:
天邪鬼 - Wikipedia

「秋の日は釣瓶落とし」とは、秋の日は日が暮れるのが早く、あっという間に暗くなること

「秋の日は釣瓶落とし」とは、秋の日は日が暮れるのが早く、あっという間に暗くなること。

意味:

  • 秋の日は日が暮れるのが早く、あっという間に暗くなること。

由来:

  • 井戸の釣瓶が落ちるように、太陽が素早く沈む様子から例えられています。

類義語:

  • 秋の日は夕立落とし
  • 秋の日は鉈落とし
  • 夕方早い
  • 日暮れ早い
  • 日が暮れるのが早い

例文:

  • 秋の日は釣瓶落としなので、早めに帰宅しないと暗くなってしまう。
  • 夕方になって急に冷え込んできた。秋の日は釣瓶落としだから、油断はできない。
  • 紅葉がきれいな季節だが、秋の日は釣瓶落としなので、夜道に気をつけて。

補足:

  • 秋は日照時間が短くなり、日没時刻が早くなります。
  • また、秋分を過ぎると昼夜の長さが逆転し、夜の方が長くなります。
  • このことから、「秋の日は釣瓶落とし」という言葉が生まれたと考えられます。

参考URL:
秋(あき)の日(ひ)は釣瓶落(つるべお)とし|故事俗信ことわざ大辞典|ジャパンナレッジ

「足元(下)を見る」とは、相手の弱みにつけ込むという意味

「足元(下)を見る」とは、相手の弱みにつけ込むという意味があります。

  1. 相手の弱みにつけ込む

意味: 相手の困難な状況や弱みにつけ込み、利益を得ようとする卑劣な行為を指します。

例文:

  • 災害に乗じて、被災者に高額な料金を請求する業者は、足元を見ている。
  • ライバル会社の窮地につけ込んで、乗っ取りを企てるのは、倫理的に問題がある。
  • 景気が悪い時こそ、足元を見ずに適正な価格で商品を提供することが大切だ。

類義語:

  • つけ込む
  • 弱みにつけ込む
  • 乗じる
  • 悪用する
  • 搾取する

対義語:

  • 手助けする
  • 協力する
  • 同情する
  • 思いやる
  • 困っている人を助ける
  1. 注意を怠らない

意味: 自分の周りの状況に気を配り、油断しないことを指します。

例文:

  • 足元ばかり見て歩いていると、段差につまずいてしまう。
  • 仕事に集中しすぎて、足元のお客様を見落としてはいけない。
  • どんなに順調でも、足元を見ずに気を抜くと、失敗してしまう。

類義語:

  • 注意する
  • 警戒する
  • 油断しない
  • 気を配る
  • 見落とさない

対義語:

  • 油断する
  • 気を抜く
  • 見落とす
  • 無視する
  • 忘れる

どちらの意味で使われているかは、文脈によって判断する必要があります。

その他

  • 「足元を見る」という言葉は、江戸時代から使われている慣用句です。
  • 商売においては、「足元を見るような商売をしてはいけない」という倫理観が重視されています。
  • 日常生活においても、「足元を見て歩く」ように注意することが大切です。

参考URL:
足元を見る(あしもとをみる)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書