お先棒を担ぐ

【漢字】お先棒を担ぐ
【読み】おさきぼうをかつぐ
【意味】先の事もよく考えもせず、人の手先になって行動する者。
【例文1】お先棒を担いで上司の機嫌を取る。
【例文2】取りいってもらおうと取引先にお先棒を担ぐ。
【例文3】社長令嬢のお先棒を担ぐ。

お先棒を担ぐをテーマにした記事

お先棒を担ぐのはどんな人?

「お先棒を担ぐ」とは、「簡単に人の手先になる」という意味です。
似た言葉に「片棒を担ぐ」というのがありますが、これとはちょっと意味合いが違います。
これらの「棒」というのは、昔、駕籠で人や荷物を運んでいた時、駕籠の上部に通していた一本の棒のことです。これを二人組の駕籠かきが担いで運んでいました。時代劇でおなじみの光景ですね。
前の方を「先棒」「先肩」といい、後ろを「後棒」「後肩」と言いました。「片棒」というのは、どちらか一方のことです。ちなみに、いっしょに担いでくれる相手を「相棒」と呼びました。「相棒」の語源はここからきているんですね。
話は戻りますが、「片棒を担ぐ」というのは、「先棒」でも「後棒」でも、どっちかを担ぐということで、悪いことをする時に使い、相棒もまた同じだけ悪いやつってことになります。
ところが「お先棒を担ぐ」となると、担いでいるのは「先棒」です。これは相棒と一緒に悪事を働くという意味ではなくて、人の言いなりになって、ひょいひょい先棒を担いでしまう。つまり、手先になる、ということです。悪事への加担率は低い方でしょうが、いかにも軽率な感じですよね。
「先棒担ぎ」という言葉もあって、これは「人の手先になって騒ぎまわる者」という意味です。
なにか、物事を深く考えないで、お調子者で、後ろで糸を引いている黒幕の真意などわかってなくて、真っ先に飛び出していって、騒いだあげくに、不始末をやらかすようなすっとこどっこいが頭に浮かぶのですが、皆さんは、どんな人をイメージしましたか?

」で始まる言葉一覧

1989.恩を売る  1974.恩を仇で返す  1959.恩に着る  1944.恩に着せる  1929.音頭を取る  1913.温故知新  1893.尾を引く  1871.折り紙付き  1846.親はなくとも子は育つ  1830.親の光は七光  1814.親の脛をかじる  1761.親方日の丸  1743.重荷を下ろす  1725.思う壺  1707.思うこと言わねば腹膨る  1689.思い立ったが吉日  1668.溺れる者は藁をもつかむ  1647.尾ひれを付ける  1626.お百度を踏む  1605.帯に短し襷に長し  1584.お鉢が回る  1563.十八番  1541.尾羽うち枯らす  1518.鬼も十八、番茶も出花  1495.鬼の目にも涙  1471.鬼の首を取ったよう  1420.鬼の居ぬ間に洗濯  1394.鬼に金棒  1340.鬼が出るか蛇が出るか  1311.同じ釜の飯を食う  1281.同じ穴の狢  1251.音に聞く  1221.男は度胸、女は愛嬌(敬)  1191.男心と秋の空  1161.お茶を濁す  1129.お茶の子さいさい  1097.小田原評定  1064.お高くとまる  1031.押しも押されもしない  1009.親思う心に勝る親心  998.押しが強い  965.教えの庭  931.お先棒を担ぐ  896.驕る平家は久しからず  861.後(遅れ)れを取る  824.臆面もなく  788.おくびにも出さない  751.奥歯に物が挟まる  712.屋上屋を架す  673.傍(岡)目八目  635.お株を奪う  596.陸に上がった河童  557.大目に見る  516.大目玉を食う  475.大見得を切る  435.大風呂敷を広げる  393.大船に乗ったよう  310.大手を振る  267.大きな口をきく  224.大きな顔をする  180.大男総身に知恵が回りかね  136.おうむ返し  92.王手を掛ける  48.負うた子に教えられて浅瀬を渡る  5.老いては子に従え