宝の持ち腐れ

【漢字】宝の持ち腐れ
【読み】たからのもちぐされ
【意味】せっかくの才能や技術があるのに使わないでいること。
【例文1】そんなにたくさんのブランド品、しまってるだけなんて宝の持ち腐れだ。
【例文2】最新の調理道具を揃えたのに外食ばかりで宝の持ち腐れだ。
【例文3】買ってばかりで使わなければ宝の持ち腐れだ。

宝の持ち腐れをテーマにした記事

 

「宝の持ち腐れ」にならずにすんだ山下清 

「宝の持ち腐れ」とは「役に立つものを持っていて利用しないこと、才能を持ちながらこれを活用しないこと」という意味です。「長岡の花火」のちぎり紙細工で有名な山下清は自身のもつ宝が活かされた人のひとりです。山下清は幼少の頃の病で軽い言語障害と知的障害を負います。離婚した母と共に母子家庭を保護する施設に入所して小学校に通いますが、学校の勉強についていくことができず、千葉県市川市の知的障がい者施設、八幡学園に預けられ、そこでちぎり紙細工に出会います。彼のちぎり紙細工への才能を見出した、学園職員は学園の顧問医であった精神病理学者の指導を受けさせて、その手腕を磨いていくこととなりました。彼は兵役を逃れるために放浪の旅に出ますが、知的障害のために兵役免除となります。各地を旅して見た風景は、心に留めておき、八幡学園に戻ってきてから作品にするというスタイルを貫いていました。彼の作品は大胆な色遣いと、丁寧な描写で独自の境地を開いていますが、もちろん相応の努力なくしては出来上がらない作品です。今でこそ「サヴァン症候群」という言葉も市民権を得て、障害を持ちながらも才能を発揮される方がたくさんおられることがわかってきましたが、山下清の才能を見出した職員は素晴らしい目を持っていたとしか言い表せません。「宝の持ち腐れ」にならずに本当に良かったと、彼に携わった全ての方に感謝です。

」で始まる言葉一覧

2092.暖を取る  2045.啖呵を切る  2069.断腸の思い  2141.大根役者  2105.端を発する  2129.醍醐味  2165.第六感  2006.便りのないのは良い便り  2057.短気は損気  2078.大魚は小池に棲まず  2033.他力本願  2081.単刀直入  2153.大団円  2176.断末魔  2117.大黒柱  2019.たらい回し  1994.袂を分かつ  1980.駄目を押す  1965.矯めつ眇めつ  1950.玉磨かざれば光なし  1919.玉に瑕  1900.旅は道連れ世は情け  1803.種を明かす  1935.玉の輿に乗る  1878.旅の恥はかき捨て  1820.種をまく  1854.束になって掛かる  1836.頼みの綱  1749.他人の空似  1767.他人の飯を食う  1785.狸寝入り  1731.他人行儀  1713.棚に上げる  1548.立て板に水  1590.盾(楯)に取る  1526.手綱を締める  1569.蓼食う虫も好き好き  1503.立つ鳥跡を濁さず  1695.棚からぼた餅  1674.盾(楯)を突く  1479.脱兎のごとく  1402.太刀打ちできない  1454.立っている者は親でも使え  1632.縦の物を横にもしない  1428.立つ瀬がない  1653.立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花  1611.伊達の薄着  1375.駄々をこねる  1229.蛇足  1319.畳の上の水練  1259.叩けばほこりが出る  1289.叩けよ、さらば開かれん  1348.ただより高いものはない  1105.他山の石  1137.多事多難  1169.出しに使う  1199.多勢に無勢  1072.竹を割ったよう  1039.多芸は無芸  1006.多岐亡羊  973.高を括る  905.高みの見物  939.宝の持ち腐れ  798.絶対絶命  684.高が知れる  723.たがが緩む  607.大の虫を生かして小の虫を殺す  870.高飛車に出る  834.高嶺(根)の花  646.大は小を兼ねる  762.高く買う  363.大事の前の小事  486.大胆不敵  278.太鼓判を捺す  321.大山鳴動して鼠一匹  235.太公望  568.大なり小なり  446.泰然自若  527.大同小異  404.大事を取る  191.大言壮語  59.対岸の火事  147.大義名分  15.大願成就  103.大器晩成