狭き門

【漢字】狭き門
【読み】せまきもん
【意味】競争率が高くて入るのが難しい。
【例文1】倍率50倍と言われる狭き門に挑む。
【例文2】彼は狭き門を突破して大手企業に入社した。
【例文3】女子アナは狭き門だと言われる。

狭き門をテーマにした記事

プロの世界は狭き門

プロになるためには死に物狂いで努力する必要があり、偶然でなれるものではありませんよね。もし、偶々なることができても長く活躍できずに早期で引退する方もいるでしょう。
プロの世界で第一線で活躍する方の特徴として、老若男女問わずに努力をしていることです。また、同じプロで活躍する方をリスペクトしているように感じますね。狭き門をクリアしてプロになった苦労や気持ちが、痛いほど分かるからのでしょうか。
考えてみれば、プロの世界で活躍するベテランの方は凄いと思います。狭き門ですが毎年新人が入ってきますし、競技人口が多ければ多いほど長く活躍することは難しいです。体のメンテナンスや戦略を練り直すことが加齢とともに必要となりますし、長年のプレイから相手に研究され尽くす恐れもあるのです。勢いだけでは通用しないので、色々と工夫をしながら試行錯誤をすることも必要です。現在、第一線で活躍するプロから学べることは多いと思いますね。
プロの世界は狭き門ですが、長く活躍できる方はプロになる方よりももっと少ないのではないでしょうか。それだけ甘くない世界ですし、長く活躍するベテランの方は素晴らしいと思います。ベテランの方を見るたびにそう感じます。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん