節を折る

【漢字】節を折る
【読み】せつをおる
【意味】自分の主張を曲げて人に従う。
【例文1】反論意見が多かったが、やっと彼も節を折る。
【例文2】年長者の意見に説を折る。
【例文3】恐妻家の妻に説を折る。

節を折るをテーマにした記事

ルールにや上司の指示に疑問

社会において、特に会社勤めの方なら会社のルールや上司の指示に嫌々従っている方が多いのではないでしょうか。「節を折る」という言葉がありますが、自分の意志を曲げて人に従うことを意味します。この言葉の意味を考えた時に、私たちの生きている社会は「節を折る」ことで成り立っているのではないかと感じるのです。
人間関係もそうですが、ルールに従うことで生活が豊かになったり自分の身を守れることもあります。例えそれが嫌々でも、皆が従っているのなら仲間外れにされたり、酷い目に合うことだってあるのです。
日本では相手の行動に合わせることが美徳にされる傾向が根強く存在します。皆と同じ考えだと気分が落ち着きますし、誰にも厳しく咎められませんよね。会社で一生懸命働いている方の多くはルールにや上司の指示に疑問を感じながらも「節を折る」考えを持っていると思います。
自分の志や意思を曲げてまで従うことは正直辛いことです。しかし、そうしなければ生きづらい世の中でもありますね。世間が「節を折る」ことを推奨していても、自分の意志を持つことは大切なことです。最後に重要となるのは忠誠心よりも、自分がどう考えて生きていくかだと思うのです。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん