切磋琢磨

【漢字】切磋琢磨
【読み】せっさたくま
【意味】お互い励まし合いながら助け合う。
【例文1】チームメイトと切磋琢磨しながら成長する。
【例文2】切磋琢磨する仲間の存在が大きい。
【例文3】仲間と切磋琢磨して力をつける。

切磋琢磨をテーマにした記事

切磋琢磨について

「切磋琢磨」は、学問や道徳に努め励むこと、また仲間同士で励まし競いあって向上することを意味する四字熟語です。この四字熟語は語源由来辞典によると、中国最古の詩集である「詩経」の「衛風・淇奥」に切磋琢磨のそれぞれ1字ずつが書かれていて、それが語源の由来とされています。「切」は骨や象牙を切ること、「磋」はそれらを研ぐこと、「琢」は玉や石を打ち叩くことで、「磨」は磨くことを意味しています。「詩経」では「切するが如く磋するが如く、琢するが如く磨するが如く」という言葉がでてきます。その言葉の通り細工師が時間をかけて装飾品を仕上げるように君子は自ら研鑽しなければならないといった意味をもつ文章ですが、そこから時を経て前述したような励ましあって競うという意味の四字熟語として使われるようになりました。故事成語の中でも割とよく目にしたり、使ったりすることが多い四字熟語だと思います。私も学生時代の部活や勉強を頑張っていた時代を言葉で表そうとすると、やはりこの「切磋琢磨」が一番適切で便利な表現だと感じます。とても爽やかでありながらバイタリティを感じる四字熟語なので座右の銘としている人も多くいるほど、人気の四字熟語です。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん