切歯扼腕

【漢字】切歯扼腕
【読み】せっしやくわん
【意味】悔しさで歯をくいしばり腕を強く握りしめる仕草。
【例文1】試合で大逆転され、切歯扼腕。
【例文2】1秒差で負け切歯扼腕で悔しい。
【例文3】切歯扼腕で悔し涙を流す。

切歯扼腕をテーマにした記事

「切歯扼腕」の示す長年の怨恨

「切歯扼腕」の「切歯」は歯ぎしりすること、歯をくいしばること。「扼腕」はぎゅっと腕をつかむことです。「切歯扼腕」とは、「ものすごく憤り、怒り、非常に悔しがるようす」の意味です。もともとは司馬遷の記した歴史書史記」の中の「張儀伝」に出てくる逸話から生まれた言葉です。戦国時代の荊軻(けいか)は秦の秦王(のちの始皇帝)に恨みを抱いていた燕の太子丹に食客として招かれ、秦王の暗殺を依頼されます。荊軻は秦の樊於期(はんおき)に相談します。樊於期は秦の軍人でしたが、秦王に恨みを抱き、クーデターを画策していました。すると彼は「これこそ自分が日夜、切歯扼腕して心を砕いてきた(願い考え続けた)ことだ」と言うなり、自分の首を自ら切り落としました。荊軻はその首をクーデターの首謀者として、秦王に差し出すことで謁見に成功しますが、暗殺には失敗し乱闘の末に殺されてしまいます。想像するだに恐ろしい展開ですよね。史記ではよく、四文字熟語でいろいろ表現されていますが、「切歯扼腕」だの「臥薪嘗胆」だのと積年の恨みつらみというのは恐ろしいものだと思います。それがどこの国でも戦国時代の倣いですから、仕方がないとはいえ、悲しい時代です。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん