「畳の上の水練」とは、理屈や方法論は立派でも、実地の訓練を積んでいないため、実際の役に立たないことの例え

「畳の上の水練」とは、理屈や方法論は立派でも、実地の訓練を積んでいないため、実際の役に立たないことの例え。

読み方: たたみのうえのすいれん

意味:

  • 理屈や方法論は立派でも、実地の訓練を積んでいないため、実際の役に立たないことの例え。
  • 机上の空論。
  • 実際に試していない方法論は、役に立たない可能性があるという戒め。

由来:

  • 畳の上でいくら水泳の練習をしても、実際に水に入らなければ泳げるようにはならないことから。

使い方:

  • 理屈ばかりで実践を伴わない学習方法を批判する時に使う。
  • 机上の空論を批判する時に使う。
  • 実際に試していない方法論を過信しないように注意する時に使う。

例文:

  • あの人は、理論ばかりで実践が伴わないから、まるで畳の上の水練だ。
  • 新しいビジネスプランは、机上の空論ではなく、実際に試してみないと成功するかどうか分からない。
  • 彼は、畳の上の水練にならないように、常に実地に即した学習を心掛けていた。

類義語:

  • 机上の空論
  • 絵に描いた餅
  • 絵空事
  • 空想
  • 理想論

対義語:

  • 実践
  • 実地
  • 実経験
  • 経験則
  • 実証

参考:

  • 畳の上の水練 - コトバンク: [無効な URL を削除しました]

補足:

  • 「畳の上の水練」は、学習や仕事など様々な場面で当てはまる言葉です。
  • 理屈や方法論を学ぶことは重要ですが、実際に試して経験を積むことも重要です。
  • 経験を積むことで、理論や方法論をより深く理解し、実践的に活かすことができるようになります。

その他:

  • 英語では "armchair theory" や "ivory tower thinking" という表現があります。

参考URL:
畳の上の水練(たたみのうえのすいれん)とは? 意味や使い方 - コトバンク