世間の口には戸は立てられない

【漢字】世間の口には戸は立てられない
【読み】せけんのくちにはとはたてられない
【意味】世間の噂は防ぎようがない。
【例文1】悪い噂ほど世間の口には戸は立てられない。
【例文2】ネットで拡散され世間の口には戸は立てられない。
【例文3】世間の口には戸は立てられないので言動は慎む。

世間の口には戸は立てられないをテーマにした記事

世間の口に戸は立てられないとは

世間の口に戸は立てられないとは、家の戸を閉めるように、人の口の戸を閉めることはできないという意味です。ここで言う、立てるとは戸などを閉めることを言います。つまり、世間の噂が広がっていくのは、どうにもしようがないと言うことです。
一つの噂話が出てくると、いくら否定をしたところで、それはあっという間に広がって行きます。むしろ、否定をした方が広がるのは早いかもしれません。このことわざは、噂話というのは、一度出てくるともう止めようがないので、そんな噂が出ないように、身辺に注意しましょうということなのです。
昔から言われていることですが、最近ではネットが発達しましたから、さらに早く広がるようになりました。政治の話から芸能界のゴシップまで、あっという間に広がります。たった1枚の写真から、今まで築きあげてきた全てが崩壊することすらあります。こんな時代ですから、自分の身辺には十分注意を払い、小さな噂も出ないようにしておかなくてはいけません。自分が、普通の人間だからという安心感は、今の時代には通用しません。どこで、写真を取られネットにアップされるかもしれないのです。その写真に有名人でも写り込んでいたら大変です。気を緩めることをせず、毅然と生活しましょう。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん