聖人君子

【漢字】聖人君子
【読み】せいじんくんし
【意味】身分が高く優れた知識・教養を持つ人。
【例文1】聖人君子に出会ってみたい。
【例文2】聖人君子を求めて婚活パーティに参加する。
【例文3】聖人君子を目指す。

聖人君子をテーマにした記事

 

聖人君子について

聖人君子とは知識・徳望に優れた人のことだそうです。そんな人に会うことなんて滅多にありません。相手を褒める言葉かと思いきや、使い方的には「聖人君子でもあるまいし、固いこと言ってないで、一杯飲みましょう。」というような感じで、ちょっと皮肉っぽく使うことがおおいです。小説などを読んでいても皮肉っぽく使われている場合がほとんどです。日常生活でそれほど頻繁に使う言葉ではありません。今まで日常会話で使用したことないですね。四字熟語そのものを日常会話で使用することがそもそも少ないです。聖人君子というとイメージとして、なぜか聖徳太子が浮かぶのですが、聖の字つながりなせいでしょうか。聖人という字を見ると、キリスト教関係の言葉かと思うのですが、元々は論語からきた言葉だそうです。孔子は自分のことを聖人とは考えていなかったようでそうすると聖人君子にあたる人にはなかなか会えないということなのでしょうね。聖人君子というと、聖徳太子以外だと思い浮かぶのは宗教関係の人です。マザーテレサとか、ガンジーとかです。最高の人格者というとどうしても宗教関係の優れた人を思い浮かべてしましますが、語源から考えると少し違うのかなという気がします。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん