関の山

【漢字】関の山
【読み】せきのやま
【意味】これが精一杯という意味。
【例文1】1日1ページ問題を解くのが関の山だ。
【例文2】1ヶ月の娯楽代は1万円が関の山だ。
【例文3】50m走るだけで関の山だ。

関の山をテーマにした記事

関の山とはあまり期待できない未来予想

関の山という言葉は、精一杯やってもこの程度にしかならないというような時に使っています。
予測を立てる時の見通しで、あまり期待できないような時が多いかもしれません。

また、関の山の前にせいぜいという言葉を入れることも良くあります。
「せいぜい関の山だ」という感じで使っています。

これはあくまでの今の時点で考えられる未来予測です。
その為、今の状態が良ければ、未来予測ももっと良いものになります。

関の山は諦めの気持ちが少し入っているので、少しネガティブな表現にも捉えられるかもしれません。
できれば、いつも関の山だと諦めてしまう前に、そこからもっと良い結果を出していくためにはどうすれば良いかを考えていくようにしたいものです。

私もさまざまな計画を立てる時に、ある程度の未来予測を行います。
しかし、計画のほとんどがそのように行ったことはありません。

すぐに不都合が生じてきてしまい、その結果、計画を変更しなければいけないことばかりです。
しかし、計画を変更したことで、前よりも見通しが明るくなることもあります。

最初は「せいぜい関の山」だと思っていたことが、予想以上の結果を出すこともあるのです。
先のことはわかりませんし、予想外になることの方が多いようです。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん