清廉潔白

【漢字】清廉潔白
【読み】せいれんけっぱく
【意味】心が清く疑わしいところがない人。
【例文1】清廉潔白な彼氏を見つけた。
【例文2】清廉潔白な好青年だ。
【例文3】清廉潔白な結婚相手を探す。

清廉潔白をテーマにした記事

「清廉潔白」な人って本当にいるの?

「清廉潔白」は心や行いが清く正しく、私欲・不正などのうしろ暗いところがまったくないことです。「清廉」とは心が清く正しいこと、自分の利欲に心が動かされないこと。「廉」とは清く正しい。「潔白」とは心や行為の清く正しいこと。世の中にこんな人いるんでしょうか?と疑問に感じてしまいました。
心や行いが清く正しくありたいと努力している人はたくさんいらっしゃるでしょうし利欲に心を動かされない人もたくさんいらっしゃると思いますが私欲のまったくない人間なんていないんじゃないでしょうか。「私欲」とは自分一人の利益だけを考える気持ちと悪い意味もありますが私的な欲望を持つことという意味もあります。私的な欲望を持つことは悪いことなのでしょうか?私的な欲望がまったくないと人は成長しないと思います。美味しいものを食べたい・気に入った洋服を買いたい・旅行に行きたいなども私的な欲望ですよね。人は誰でもそんな私欲をいつも持っています。その私欲を叶えるために人は仕事を頑張ったりスキルアップのために資格を取得したりと努力します。頑張った仕事や取得した資格は世の中の誰かの役に立っていると考えたら良い意味での私欲を持つことはとても必要なことだと思います。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん