絶体絶命

【漢字】絶体絶命
【読み】ぜったいぜつめい
【意味】もうどうにもならないほど追い詰められた状態。
【例文1】山で熊に遭遇して絶体絶命かと思ったが、狩り仲間が射止めた。
【例文2】5日間漂流した。絶体絶命だと覚悟した。
【例文3】絶体絶命のピンチ。

絶体絶命をテーマにした記事

映画の過剰な絶体絶命

アクションヒーロー映画において、主人公が悪役に追い詰められた絶体絶命のピンチのシーンがありますよね。そういった絶体絶命のピンチで主人公が不思議な力で守られたり、根性で敵を倒したりと、「ヒーローだからこの場面では死なない」と視聴者が思ってしまうことがあります。私もそうで、「絶体絶命だけど、どうせ助かるんでしょ」とイマイチ盛り上がりに欠けます。
ビルの屋上から主人公が飛び降りて、何とか博士が発明したグライダーで助かったり、都合よく窓枠につかまったりというシーンが多すぎます。特に人気のあるアメコミ物の作品で絶対助かる絶体絶命シーンをよく見かけます。
ただ、そのようなシーンはヒーロー物で非常に重要なシーンです。強大な悪に立ち向かうヒーローの凄さを視聴者に伝えるには、絶体絶命シーンは絶対に必要なんです。散々否定してきましたが、ヒーロー物の作品には欠かすことが出来ない要素なのです。
また、もしそのシーンで主人公が死んでしまったら物語はそこで分岐点に入ってしまい、緊迫したシーンが台無しになります。シリーズ物にとっても脚本を一から見直すことになる場合もあるので、やっぱり絶体絶命の時は、何だかんだ助かって欲しいですね。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん