拍車を掛ける

【漢字】拍車を掛ける
【読み】はくしゃをかける
【意味】物事の進みに勢いをつける。
【例文1】物価の高騰に拍車を掛ける。
【例文2】準決勝もこの勢いで拍車を掛ける。
【例文3】悪天候による不作で物価上昇に拍車を掛ける。

拍車を掛けるをテーマにした記事

停滞したら拍車を掛けるようにして取り戻す

もしも受験生であれば、勉強が思うように進まなくなってしまうこともあると思います。けれどどうすればその状況を打破できるのか、悩んでしまう人も多いでしょう。これは受験生に限らず、受験生ではない学生でも、あるいは社会人でも同様のことが起こりえるのではありませんか。

このように物事が停滞してしまったときに大事なのは、自分以外の存在によって、自分自身に拍車を掛けることです。しかしそうは言っても、実際にどうすれば自分自身に拍車を掛けられるのでしょうか。まずは『停滞している原因』を考えることが大切です。

たとえば受験生の例を使うと、勉強が停滞している理由が『どんなに自分で考えても解けない問題がある』場合であれば、その科目の先生に質問するのが最善でしょう。ですが停滞の理由が『なんとなくやる気が起きない』というものなら、自分よりも必死に勉強している友人の姿を見て、自分も頑張らなければならないというやる気を起こすことが良いと考えられます。つまり原因によって対処法は変わるということです。

どんな物事でも、ときには滞ってしまうことはあります。いずれは進みだすかもしれませんが、それでは手遅れの場合もありますよね。そんなときはまず『停滞の原因は何か』を考えて、遅れた分を取り戻すように自分自身に拍車を掛け、停滞している状況を打破するのが良いのではないでしょうか。

拍車を掛ける

物事の進行を早めること。ところで拍車とは何でしょうか。乗馬をするとき、靴のカカトに装着するもの。小さな歯車がついており、これで馬の腹を刺激することで合図をおくるそうです。見た目は痛そうですが、あくまでも合図をおくる補助具です。

ただ、いくら痛くないと言っても力任せに馬を蹴れば痛いです。かと言って刺激が弱すぎても、うまく命令が伝わりません。適度な力加減が必要になってきます。それを馬に乗りながらするのですから、ものすごく神経を使う仕事でしょうね。

馬は乗っている人を信じます。命令を信用して歩いてくれます。命がけですよね。もし間違った命令を出してしまえば、命を落としてしまうかも知れません。誰かを怪我させてしまうかも知れません。

拍車にも様々な種類があり、刺激の強さも違います。最初は弱い刺激のものから使用して、反応が無いようなら徐々に強い拍車に変えていきます。馬が可哀相かも知れませんが、きちんと人間がコントロールしないと犠牲になるのは馬ですからね。

事故が起きてから、ちゃんと躾をしておけば良かったなんて後悔しても遅いんです。命を守るためなら、多少の痛みは必要です。それこそが動物をあつかう資格であり、何より深い愛情です。

」で始まる言葉一覧

2554肺腑を衝く 2318半畳を入れる 2270針の穴から天をのぞく 2261張り子の虎 2286歯を食い縛る 2207腹を抱える 2310半死半生 2358話半分 2302万事休す 2333パンドラの箱 2225腹を決める 2243腹を割る 2252波瀾(乱)万丈 2366鼻つまみ 2350畑違い 2342裸一貫 2216腹を固める 2278針のむしろ 2234腹を探る 2294反旗を翻す 2326半信半疑 2094腹が立つ 2047波紋を投げる 2023幅を利かせる 2143腹の皮がよじれる 2107腹が減っては戦ができぬ 2167腹八分に医者いらず 2198腸が煮えくり返る 2131腹に据えかねる 2009歯の根が合わない 2059早起きは三文の徳 2071腹が黒い 2035羽目を外す 2083腹が据わる 2155腹の虫が治まらない 2178腹も身の内 2119腹に一物 1997歯の抜けたよう 1968歯に衣着せぬ 1823鼻の下が長い 1806鼻に付く 1922鼻を明かす 1953花を持たせる 1938鼻を突く< 1883花も実もある 1860鼻持ちならない 1839花道を飾る 1904花より団子 1983羽を伸ばす 1752鼻で笑う 1770花に嵐 1788鼻に掛ける 1734鼻であしらう 1716鼻っ柱をへし折る 1433八方塞がり 1530鼻息をうかがう 1483鳩が豆鉄砲を食ったよう 1507鼻息が荒い 1698鼻っ柱が強い 1594話上手は聞き上手 1678話を付ける 1552鼻が高い 1407八方美人 1459破天荒 1573話が弾む 1636話に花が咲く 1657話の腰を折る 1615話にならない 1353這っても黒豆 1295八面六臂 1380発破をかける 1205バスに乗り遅れる 1235破竹の勢い 1265蜂の巣をつついたよう 1325ばつが悪い 1112馬耳東風 1144箸にも棒にも掛からない 1175恥の上塗り 913白髪三千丈 1014博覧強記 1080化けの皮がはがれる 981薄氷を踏む 1047薄利多売 947白眉 693白紙に戻す 732白砂青松 654白眼視 616箔が付く 770拍車を掛ける 878伯仲 842拍手喝采 201はかが行く 245場数を踏む 577馬脚を露す 288歯が立たない 537掃き溜めに鶴 331馬鹿とはさみは使いよう 496歯ぎしりをする 371馬鹿に付ける薬はない 414馬鹿の一つ覚え 157歯が浮く 69背水の陣 25敗軍の将は兵を語らず 113這えば立て、立てば歩めの親心