拍手喝采

【漢字】拍手喝采
【読み】はくしゅかっさい
【意味】拍手して褒める称える。
【例文1】演奏終了後も拍手喝采が鳴りやまない。
【例文2】新婦の感動的な手紙に列席者が拍手喝采
【例文3】感動的なスピーチで拍手喝采

拍手喝采をテーマにした記事

拍手喝采とは

よく耳にする「拍手喝采」ですが、この四文字熟語は具体的にはどういう意味でどう使うかご存知でしょうか?何となく拍手が凄いと言う程度の認識の方が多いかと思います。「拍手」は手を打ち鳴らす意味なのはご存知だと思いますが、「喝采」はどっと褒め讃えることを意味しているのです。実際の意味は「手を打ち鳴らしながら大声で褒め讃えること」です。オペラ座などで演目が終わった後に観客が盛大な拍手と共に「ブラボー!」と声をかけているのは文字通り拍手喝采と言えます。使い方としては「幕が下りても拍手喝采は鳴り止まず、演者達は何度もカーテンコールで観客に応えました」「空港では帰国したメダリストを大勢のファンが拍手喝采で迎えた」などで使うことが出来ます。実際に褒め讃える事ではなく使う時は「そんな規則が決まったとしてもお役人だけが拍手喝采するだけだよ」などと使うことも出来ます。

多くの一般人は日常生活ではなかなか拍手喝采を浴びる機会はありませんが、送る側であれば劇場や協議会、コンサートなどで可能です。機会がある時に拍手喝采の意味を少し思いだしていただければと思います。そして出来れば人生の中で何回かは拍手喝采をして貰える側に立ちたいものですね。

無事に拍手喝采!我が子のピアノコンテスト

私の娘は幼少期からピアノを習っています。ピアノを弾くことがとても楽しくて仕方ない様子で暇さえあればピアノの練習に励んでいました。
お陰でメキメキと上達し、レッスンの階級もどんどん上がっていきました。
小学6年生になった時に、東京の銀座の素敵なホールで行われる大きなコンテストに出場できるチャンスが巡ってきました。
娘はとても張り切って練習を重ね、出場者を決める審査に挑みました。ピアノ教室の先生からはとてもライバルが多いので選ばれるのは難しいかもしれないと言われていたので、半ば諦めていましたが、無事に選んでいただけました。もちろん娘は大喜びです。
コンテストまで半年ほどありましたが、とても難しい曲に挑戦することになったので半年あっても時間が足りないほどでしたが、一生懸命練習し、あっという間に本番の日を迎えました。
当日会場に着くと、今までの発表会とは段違いの豪華で素敵なホールです。娘の顔が一気にこわばりました。緊張してしまったのです。
自分の出番が近づくと娘の顔色はますます白くなり緊張でいっぱいの様子でしたが、娘を信じて見守ることにしました。
自分の出番が来て舞台に上がるとなぜか娘は急にリラックスした表情に変わり、ノーミスで難曲を弾ききったのです。とても感動しました。
満員の会場のお客さんからも拍手喝采をもらい、娘は最後ニコニコ顔であいさつを終えました。

」で始まる言葉一覧

2554肺腑を衝く 2318半畳を入れる 2270針の穴から天をのぞく 2261張り子の虎 2286歯を食い縛る 2207腹を抱える 2310半死半生 2358話半分 2302万事休す 2333パンドラの箱 2225腹を決める 2243腹を割る 2252波瀾(乱)万丈 2366鼻つまみ 2350畑違い 2342裸一貫 2216腹を固める 2278針のむしろ 2234腹を探る 2294反旗を翻す 2326半信半疑 2094腹が立つ 2047波紋を投げる 2023幅を利かせる 2143腹の皮がよじれる 2107腹が減っては戦ができぬ 2167腹八分に医者いらず 2198腸が煮えくり返る 2131腹に据えかねる 2009歯の根が合わない 2059早起きは三文の徳 2071腹が黒い 2035羽目を外す 2083腹が据わる 2155腹の虫が治まらない 2178腹も身の内 2119腹に一物 1997歯の抜けたよう 1968歯に衣着せぬ 1823鼻の下が長い 1806鼻に付く 1922鼻を明かす 1953花を持たせる 1938鼻を突く< 1883花も実もある 1860鼻持ちならない 1839花道を飾る 1904花より団子 1983羽を伸ばす 1752鼻で笑う 1770花に嵐 1788鼻に掛ける 1734鼻であしらう 1716鼻っ柱をへし折る 1433八方塞がり 1530鼻息をうかがう 1483鳩が豆鉄砲を食ったよう 1507鼻息が荒い 1698鼻っ柱が強い 1594話上手は聞き上手 1678話を付ける 1552鼻が高い 1407八方美人 1459破天荒 1573話が弾む 1636話に花が咲く 1657話の腰を折る 1615話にならない 1353這っても黒豆 1295八面六臂 1380発破をかける 1205バスに乗り遅れる 1235破竹の勢い 1265蜂の巣をつついたよう 1325ばつが悪い 1112馬耳東風 1144箸にも棒にも掛からない 1175恥の上塗り 913白髪三千丈 1014博覧強記 1080化けの皮がはがれる 981薄氷を踏む 1047薄利多売 947白眉 693白紙に戻す 732白砂青松 654白眼視 616箔が付く 770拍車を掛ける 878伯仲 842拍手喝采 201はかが行く 245場数を踏む 577馬脚を露す 288歯が立たない 537掃き溜めに鶴 331馬鹿とはさみは使いよう 496歯ぎしりをする 371馬鹿に付ける薬はない 414馬鹿の一つ覚え 157歯が浮く 69背水の陣 25敗軍の将は兵を語らず 113這えば立て、立てば歩めの親心