敵に塩を送る

【漢字】敵に塩を送る
【読み】てきにしおをおくる
【意味】戦国時代に上杉謙信は、越後から塩不足に悩む武田信玄の領地・甲斐(山梨県信濃(長野県)へ塩を送り、領民を助けた。相手が苦しい立場にある時には助けてあげること。
【例文1】試合の相手チームの給水がなくなったので水を分けてあげた。敵に塩を送る。
【例文2】同じ境遇者同士、敵に塩を送る。
【例文3】敵に塩を送るのは誰にでもできる事ではない。

敵に塩を送るをテーマにした記事

スポーツ中継で「敵に塩を送る」

「敵に塩を送る」は、敵であろうと苦しんでいたら手助けをする意味があります。この言葉を聞いた時に私は、あるスポーツで起きた出来事を思い出しました。それは2014年に開催された冬季ソチオリンピッククロスカントリー男子スプリント準決勝戦です。
ロシアの選手が競技の途中でスキーが折れてしまい、それでも懸命に完走しようと走るロシアの選手ですが、何度も転倒してしまいます。もう完走が絶望的と誰もが思ったその時、その光景を見かねたカナダチームのコーチが、自チームの予備のスキー板をロシアの選手に履かせ競技を続行させました。
少し「敵に塩を送る」とは意味が違うかもしれませんが、この出来事も、順位を争う大会、しかも国の威信を掛けた4年に1度のオリンピックでのことなので、非常に意味があると思います。
スポーツの世界では極稀に、そうした光景を見ることがありますね。お互いを称え合う「ノーサイド」のような意味合いも「敵に塩を送る」に含まれている気がします。敵のために何かをすることは、なかなかできませんし、その行為によって味方の被害が拡大するリスクも存在します。それでも同じ人間として何処かで繋がっていて、人間捨てたものではないと感じました。

敵に塩を送るとは

敵に塩を送るとは、敵の弱みにつけ込まず、逆に苦境から救う事をいいます。この言葉は、戦国時代、上杉謙信が敵国の武将武田信玄の領国である甲斐国が塩不足に苦しんでいるのを知って、塩を送ったという故事によるものです。
相手の弱みを知って、そこを突けば勝てると言うときに、あえて手を差し伸べて助け、同等の立場になってから戦うということです。例えば、格闘技などで相手が負傷をしていた場合には、そこを狙えば間違いなく勝てるのに、負傷箇所を狙わずに勝負をするというようなことです。良く大相撲で怪我をした力士の負傷箇所を狙わずに取り組んでいる姿を見かけますが、あれも同じ精神なのでしょう。
また、ビジネスにおいても、何かが不足していてライバル会社が苦境に陥っているときに、不足しているものを補給してあげるというのも、塩を送る精神なのでしょう。スポーツの試合やビジネスは真剣勝負です。そんな時に、何きれい事をいうのかという声も聞こえそうです。確かに、相手の弱い所を付いて勝利を得ても、それは誰にも避難はされません。しかし、自分の心の中ではどうでしょうか。自分は相手が対等ではないのに、攻め込んだと後になって悔やむことにならないのでしょうか。なにか、事を起こすとき、ちょっと考えてみるのも良いことでしょう。

」で始まる言葉一覧

2269.天王山  2206.天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず  2224.天秤に掛ける  2242.天を衝く  2260.鉄面皮  2251.亭主関白  2215.天は自ら助くる者を助く  2233.天変地異  2093.天災は忘れた頃にやってくる  2046.天下太(泰)平  2022.天衣無縫  2070.天狗になる  2142.天真爛漫  2106.天井知らず  2130.天知る地知る我知る人知る  2166.天地神明  2188.天にも昇る心地  2197.天は二物を与えず  2007.手を焼く  2058.伝家の宝刀  2034.天涯孤独  2082.電光石火  2154.天高く馬肥ゆる秋  2177.天に唾する  2118.天上天下唯我独尊  1995.手を結ぶ  1966.手を広げる  1821.手を染める  1920.手を握る  1804.手を拱く  1951.手を引く  1936.手を抜く  1880.手を付ける  1856.手を尽くす  1901.手を取る  1837.手を出す  1981.手を回す  1750.手を下す  1768.手を組む  1786.手を加える  1732.手を切る  1714.手を借りる  1549.出る杭は打たれる  1591.手練手管  1527.出物腫れ物所嫌わず  1570.出る幕がない  1504.手も足も出ない  1696.手を貸す  1675.手を替え品を替え  1480.手前味噌  1404.手の平(掌)を返す  1456.出端(鼻)をくじく  1633.手を入れる  1430.手八丁口八丁  1654.手を打つ  1612.手を上げる  1291.手に手を取る  1377.手の内を見せる  1201.手に落ちる  1231.手に掛ける  1261.手に付かない  1350.手に乗る  1321.手に取るように  1107.手に汗を握る  1139.手に余る  1171.手に負えない  1075.手鍋提げても  1042.手取り足取り  942.徹頭徹尾  976.鉄は熱いうちに打て  908.手玉に取る  801.梃子でも動かない  687.敵は本能寺にあり  726.手ぐすねを引く  851.天下は回り持ち  610.適材適所  837.手塩に掛ける  649.敵に塩を送る  765.手心を加える  873.出たとこ勝負  366.手が届く  489.手が早い  324.手が出ない  571.手が回る  281.手が付けられない  238.手が足りない  449.手が離れる  530.手が塞がる  407.手が離せない  194.手が込む  150.手が掛かる  62.手が上がる  18.手足を伸ばす  106.手が空く