青天の霹靂

【漢字】青天の霹靂
【読み】せいてんのへきれき
【意味】快晴の青空に突然雷が鳴り響くことから、人が驚くような出来事が突然起きる。
【例文1】支店長が地方転勤を命じられた。社員一同青天の霹靂だ。 
【例文2】あんなに仲良かった夫婦が離婚だなんて青天の霹靂だ。
【例文3】豪雨で家が流され青天の霹靂だ。

青天の霹靂をテーマにした記事

青森のお米「青天の霹靂」

「青天の霹靂だよ~」この言葉は意外と会話の中でも使われる言葉です。青い空にの雷、雷鳴が轟く状態から転じてびっくりするような出来事のことをこういうようになりました。こういった慣用句とか言葉の意味を深く理解するために、この言葉を違った言い方で言い表してみるといいかもしれません。
そうですね青天の霹靂だよ~というのはネガティブな意味でもポジティブな意味でも使いますね。「予想外だよ!」とか「予想だにしなかった!」または「寝耳に水」なんかで言い換えることが出来ます。あとダチョウ倶楽部のネタの「聞いてないよ~」もある意味、青天の霹靂と同じ意味合いかもしれませんね。実際には打ち合わせでガッツリ聞いているとは思いますけれど。
青天の霹靂と言えば日本ではお米の名前で有名ですね。青森の特Aランクのお米の名前です。ブルーのパッケージも今までのお米にはなかった斬新デザインで目引きます。私はこの青森のお米のネーミングはすごく印象的でセンスいいなと思っていました。しかし意外にもこれが賛否両論だと聞いて驚きました。突然の雷が災害を予想させるとか悪いことの暗示ではないか?なぜこんなネーミングにしたんだ!といった意見が殺到したらしいです。メーカーにしてみればお米のネーミングに苦情が来ること自体が青天の霹靂だったかもしれませんね。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん