急いては事を仕損じる

【漢字】急いては事を仕損じる
【読み】せいてはことをしそんじる
【意味】焦ると雑になったり失敗するので、急いでる時こそ、落ち着いてゆっくりした方がいい。
【例文1】遅刻すると思って慌てて家を出たら、階段から転んだ。急いては事を仕損じるだ。
【例文2】期限が明日に迫ったレポート提出に焦り、完成したものは誤字脱字が多かった。急いては事を仕損じる。
【例文3】未返信に気付き、急いては事を仕損じて送信先を間違える。

急いては事を仕損じるをテーマにした記事

株取引は急いては事を仕損じるの世界です

株取引を始めたばかりの頃の私は、どうしても利益が出せず悩んでいました。
その理由は簡単で、急いては事を仕損じる的な取引ばかりをしていたからです。
私はとても臆病で気が小さい人間で、株取引で少しでも含み利益が出ると、直ぐに利益確定をしたくなってしまいます。
なので取引の度に、ごくわずかな利益しか得る事が出来ていなかったのです。
毎回取引が上手く行って、利益ばかりが得られればいいのですが、世の中そう甘くありません。
取引が上手く行かない時には、当然含み損が発生してしまいます。
含み損が発生した時は、私の性格が災いして、損切りをする事が出来ません。
ですからいつも大きな含み損になってから損失を確定するので、損失ばかりが大きくなってしまうのです。
利益は小さいにもかかわらず、損失は大きいので、どうしても収益がマイナスに傾いてしまいます。
そんなある日、ネットのサイトで株取引は待つ事が大事という記事を見つけたのです。
含み益が発生した時は、じっくり待って含み益を大きくしてから利益確定をすべしと書いてありました。
これを見て私はこの取引をしようと思い、実際にやってみたのです。
そしたら徐々に大きな利益が得られるようになり、収支がプラスへと転じてくれるようになりました。
正に株取引は急いては事を仕損じるだなと、身を持って知りました。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん