敗軍の将は兵を語らず

【漢字】敗軍の将は兵を語らず
【読み】はいぐんのしょうはへいをかたらず
【意味】戦いに負けた者は武勇について語る立場ではないという意味から、失敗した者は潔く失敗を認め弁解するべきではないという戒め。
【例文1】飲食店の再起を持ちかけられたが、敗軍の将は兵を語らずで説得力がない。
【例文2】事業に失敗した君が偉そうに敗軍の将は兵を語らずと一喝する。
【例文3】敗軍の将は兵を語らず認めたらどうだ?

敗軍の将は兵を語らずをテーマにした記事

「敗軍の将」から教えられること

私たちはよく先生や上司など、知識や経験が豊富で、また社会的地位があったりその方面で成功した業績のある人にアドバイスを求めることでしょう。是非力や知恵を貸していただきたいと感じるものです。逆に年下であったり、後輩、さらには失敗してこっぴどく叱ってしまったことのある部下にアドバイスを求めるには謙虚さが必要かもしれません。そんな時は部下のほうも良いアイディアがあるにもかかわらず、恐縮して意見を提出するのがなかなか難しく感じることでしょう。でもそのアイディアが大きな成功につながることもあるかもしれないのです。
中国の秦から漢の時代にかけて起きたある出来事をもとにしてできたことわざで、「敗軍の将は兵を語らず」というものがあります。韓信という漢の大将軍が周りの敵国をどんどん制圧していく中で、陳余という将軍と戦うことになります。陳余には李左車という部下がいましたが、彼は部下の助言を退けてしまったため、戦死してしまい、部下の李左車は捕虜になってしまいます。しかし韓信は李左車の能力を高く評価していたので、続く戦いにおいてどのような方法をとればいいのか尋ねます。その時に李左車が語ったのがこの有名な「敗軍の将は兵を語らず」、つまり戦に負けた自分に戦略を語る資格などない、という言葉なのです。このことわざは一般的に失敗した者、敗者に発言権などない、という意味で使われることが多いようです。しかしこの物語には続きがあり、戦に勝った韓信は諦めずに李左車に「遠慮しないでほしい、もしもあなたの上司の陳余があなたの助言を聞いていたなら、敗軍の将は自分だったのだから」と言ってアドバイスを求め、それに従ったため大勝利を収めた、という結末になったのです。
人は誰しも間違いをし、得意分野もそれぞれです。ただ年下だから、後輩だから、また失敗したからという理由で、意見を述べるチャンスを与えられないとしたら、それはお互いにとって損失となるかもしれません。自分がどんな立場で学びまた仕事をしているかにかかわらず、腰を低くして謙虚に教えを請うなら、違った角度からの新鮮なアイディアに気づかされることもあるでしょう。活到老、学到老、老いるまで学び続ける姿勢は大事ですね。

」で始まる言葉一覧

2554肺腑を衝く 2318半畳を入れる 2270針の穴から天をのぞく 2261張り子の虎 2286歯を食い縛る 2207腹を抱える 2310半死半生 2358話半分 2302万事休す 2333パンドラの箱 2225腹を決める 2243腹を割る 2252波瀾(乱)万丈 2366鼻つまみ 2350畑違い 2342裸一貫 2216腹を固める 2278針のむしろ 2234腹を探る 2294反旗を翻す 2326半信半疑 2094腹が立つ 2047波紋を投げる 2023幅を利かせる 2143腹の皮がよじれる 2107腹が減っては戦ができぬ 2167腹八分に医者いらず 2198腸が煮えくり返る 2131腹に据えかねる 2009歯の根が合わない 2059早起きは三文の徳 2071腹が黒い 2035羽目を外す 2083腹が据わる 2155腹の虫が治まらない 2178腹も身の内 2119腹に一物 1997歯の抜けたよう 1968歯に衣着せぬ 1823鼻の下が長い 1806鼻に付く 1922鼻を明かす 1953花を持たせる 1938鼻を突く< 1883花も実もある 1860鼻持ちならない 1839花道を飾る 1904花より団子 1983羽を伸ばす 1752鼻で笑う 1770花に嵐 1788鼻に掛ける 1734鼻であしらう 1716鼻っ柱をへし折る 1433八方塞がり 1530鼻息をうかがう 1483鳩が豆鉄砲を食ったよう 1507鼻息が荒い 1698鼻っ柱が強い 1594話上手は聞き上手 1678話を付ける 1552鼻が高い 1407八方美人 1459破天荒 1573話が弾む 1636話に花が咲く 1657話の腰を折る 1615話にならない 1353這っても黒豆 1295八面六臂 1380発破をかける 1205バスに乗り遅れる 1235破竹の勢い 1265蜂の巣をつついたよう 1325ばつが悪い 1112馬耳東風 1144箸にも棒にも掛からない 1175恥の上塗り 913白髪三千丈 1014博覧強記 1080化けの皮がはがれる 981薄氷を踏む 1047薄利多売 947白眉 693白紙に戻す 732白砂青松 654白眼視 616箔が付く 770拍車を掛ける 878伯仲 842拍手喝采 201はかが行く 245場数を踏む 577馬脚を露す 288歯が立たない 537掃き溜めに鶴 331馬鹿とはさみは使いよう 496歯ぎしりをする 371馬鹿に付ける薬はない 414馬鹿の一つ覚え 157歯が浮く 69背水の陣 25敗軍の将は兵を語らず 113這えば立て、立てば歩めの親心