「油を売る」は、仕事中などに無駄話をして時間を潰したり、サボったりすることを意味する慣用句

「油を売る」は、仕事中などに無駄話をして時間を潰したり、サボったりすることを意味する慣用句です。

由来

江戸時代には、行商人が髪油を売り歩く際に、客と世間話をしながら商品を説明することが多かったことから、「油を売る」という言葉がこのような意味を持つようになりました。

使い方

  • 「彼はいつもサボっていて、油を売っているだけだ。」
  • 「会議中なのに、彼らは油を売っていて、一向に話が進まない。」
  • 「油を売るような真似をするのは、社会人として恥ずかしい。」

類義語

  • サボる
  • 手を抜く
  • 遊ぶ
  • 時間を潰す
  • 無駄話をする

注意

この慣用句は、相手を批判したり、非難したりする意味合いを含んでいるので、使う際には注意が必要です。

その他

  • 比喩的な意味で、「口先だけうまいこと言って、実際には何もしていない」という意味で使われることもあります。

例文

  • 「彼はいつも口先だけでごまかして、油を売っているだけだ。」

参考URL:
油を売る(アブラヲウル)とは? 意味や使い方 - コトバンク