天高く馬肥ゆる秋

【漢字】天高く馬肥ゆる秋
【読み】てんたかくうまこゆるあき
【意味】中国の漢語より澄み切った空に下で馬が食欲を増し肥えていく様子。秋になり農家が収穫の時期を迎えると、その収穫物を肥えた馬が狙ってくるから注意せよという意味。現在は晴れた秋空の下で行楽を楽しむ時にも使う。
【例文1】天高く馬肥ゆる秋は食べ盛りの息子の食欲が止まらない。
【例文2】天高く馬肥ゆる秋は体重が増す。
【例文3】天高く馬肥ゆる秋は過ごしやすい。

天高く馬肥ゆる秋をテーマにした記事

「天高く馬肥ゆる秋 」

秋になると毎年のように「天高く馬肥ゆる秋 」という言葉を目にしたり耳にしたりするものです。
「今年も天高く馬肥ゆる秋、食欲の秋になりました」といった使われ方をします。「厳しい暑さの夏が去り、さわやかな気候の秋になったから、食欲が増す」と言うのが、その意味でしょう。
私の場合、どんな猛暑でも食欲が落ちることはありませんが、それでも確かに秋になると、食べものがよりおいしく感じられるものです。また、秋は収穫のシーズンですから、新米を始め、さまざまな秋の味覚が出回ります。多くの人が食欲旺盛になることは間違いありません。
ところで、この言葉を聞くと、抜けるような青空の下、牧場で馬がおいしそうに草を食んでいる、いかにものんびりした風景を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。気候は良くなり食べものもおいしいという、平和なイメージが、この言葉にはあるはずです。
ところが、この言葉の出自を見ると、そんな平和な話ではまったくありません。昔の中国の本に書かれた言葉が、その語源となっているのですが、「馬肥ゆる」の意味が今の我々の解釈とはまるで違うのです。
もともとの意味は、「秋になると、たくさんエサを食べてすっかりたくましくなった馬に乗って、北方から他民族が攻めてくるから用心しなければならない」
と人々を警戒させるために発せられた言葉なのです。

」で始まる言葉一覧

2269.天王山  2206.天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず  2224.天秤に掛ける  2242.天を衝く  2260.鉄面皮  2251.亭主関白  2215.天は自ら助くる者を助く  2233.天変地異  2093.天災は忘れた頃にやってくる  2046.天下太(泰)平  2022.天衣無縫  2070.天狗になる  2142.天真爛漫  2106.天井知らず  2130.天知る地知る我知る人知る  2166.天地神明  2188.天にも昇る心地  2197.天は二物を与えず  2007.手を焼く  2058.伝家の宝刀  2034.天涯孤独  2082.電光石火  2154.天高く馬肥ゆる秋  2177.天に唾する  2118.天上天下唯我独尊  1995.手を結ぶ  1966.手を広げる  1821.手を染める  1920.手を握る  1804.手を拱く  1951.手を引く  1936.手を抜く  1880.手を付ける  1856.手を尽くす  1901.手を取る  1837.手を出す  1981.手を回す  1750.手を下す  1768.手を組む  1786.手を加える  1732.手を切る  1714.手を借りる  1549.出る杭は打たれる  1591.手練手管  1527.出物腫れ物所嫌わず  1570.出る幕がない  1504.手も足も出ない  1696.手を貸す  1675.手を替え品を替え  1480.手前味噌  1404.手の平(掌)を返す  1456.出端(鼻)をくじく  1633.手を入れる  1430.手八丁口八丁  1654.手を打つ  1612.手を上げる  1291.手に手を取る  1377.手の内を見せる  1201.手に落ちる  1231.手に掛ける  1261.手に付かない  1350.手に乗る  1321.手に取るように  1107.手に汗を握る  1139.手に余る  1171.手に負えない  1075.手鍋提げても  1042.手取り足取り  942.徹頭徹尾  976.鉄は熱いうちに打て  908.手玉に取る  801.梃子でも動かない  687.敵は本能寺にあり  726.手ぐすねを引く  851.天下は回り持ち  610.適材適所  837.手塩に掛ける  649.敵に塩を送る  765.手心を加える  873.出たとこ勝負  366.手が届く  489.手が早い  324.手が出ない  571.手が回る  281.手が付けられない  238.手が足りない  449.手が離れる  530.手が塞がる  407.手が離せない  194.手が込む  150.手が掛かる  62.手が上がる  18.手足を伸ばす  106.手が空く