青雲の志

【漢字】青雲の志
【読み】せいうんのこころざし
【意味】高い位置につこうとする志。
【例文1】父は会社を拡張するために青雲の志を持ち続けています。
【例文2】息子が父の青雲の志を継いで事業を広げる。
【例文3】諦めなければ青雲の志は叶う。

青雲の志をテーマにした記事

「青雲の志」を抱いた者たち

「青雲の志」という言葉は司馬遷の記した「史記」に出てくる言葉です。青雲は青みがかった雲、あお空のことで高く超えた様子を表す言葉であり、「青雲の志」は空の高みを目指す、つまり立身出世をしようとする心、高い位につきたいという願望を抱くことです。「青雲の志」という言葉が一番ぴったりと来る人たちがいます。新選組の局長、近藤勇と鬼の副長、土方歳三です。彼らはもともと武士の生まれではありませんでしたが、農民でありながらも武士になることを夢見て、武芸を習い、学問をして機会を待ちます。土方歳三など少年時代に、武士になった時に使えるようにと弓矢を作るための竹を庭に植えていたといいますから用意周到です。そしてついに時来たりて将軍警護のための浪士募集に応じて京都へ向かいます。憧れの武士になる第一歩と思い、「青雲の志」を胸に江戸を出発していきます。彼らは若く、向こう見ずだったかもしれませんが、純粋に武士になりたいという願いが、彼らを武士道に邁進させていったのです。その背景には厳しい身分制度、「士農工商」や「上士、下士」、「譜代、外様」で名字帯刀の許しから、住む場所すら分かれていたという事情がありました。その時代に立身出世を望むには武士になるしかないと考えたのです。結果として近藤勇は大名の位までに上り詰めます。あの日の「青雲の志」は見事に叶ったのでした。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん