「天災は忘れた頃にやってくる」は、自然災害はその被害を忘れたときに再び起こるものだという戒め

「天災は忘れた頃にやってくる」は、自然災害はその被害を忘れたときに再び起こるものだという戒めです。「天災は忘れられたる頃来る」、「天災は忘れた頃来る」、「天災は忘れられた頃に来る」などとも記述される。

語源

このことわざの起源は明確ではありませんが、古くから言い伝えられてきたと考えられています。自然災害はいつ起こるかわからず、油断していると被害に遭う可能性があるという教訓を込めた言葉です。

意味とニュアンス

  • 自然災害はいつ起こるかわからない: 地震、台風、洪水などの自然災害は、いつ起こるかわかりません。過去の災害を忘れて油断していると、再び被害に遭う可能性があります。
  • 過去の災害から学ぶことが大切: 過去の災害の教訓を忘れずに、常に備えをしておくことが大切です。災害発生時の避難場所や避難方法などを確認しておきましょう。
  • 油断は禁物: 自然災害は、いつ起こってもおかしくないということを常に意識しておくことが大切です。油断せず、常に警戒を怠らないようにしましょう。

使い方

  • 災害対策の重要性を訴えるとき: 過去の災害を例に挙げ、「天災は忘れた頃にやってくる」という言葉を使って、災害対策の重要性を訴えることができます。
  • 油断している人を戒めるとき: 災害対策を怠っている人を戒める際、「天災は忘れた頃にやってくる」という言葉を使って、油断の危険性を指摘することができます。
  • 自身の備えを振り返るとき: 自分の災害対策が十分かどうかを振り返るとき、「天災は忘れた頃にやってくる」という言葉を使って、備えを怠っていないかを確認することができます。

類義語

  • 備えあれば憂いなし (sonae areba urei nashi) - 備えあれば憂いなし
  • 禍福はあざなえる縄のごとし (kafuku wa azanaeru nawa no gotoki) - 禍福はあざなえる縄のごとし
  • 油断大敵 (yudan taiteki) - 油断大敵
  • 後の祭り (ato no matsuri) - 後の祭り
  • 覆水盆に返らず (fukusui bon ni kaerazu) - 覆水盆に返らず

反対語

  • 楽観的 (rakkanteki) - 楽観的
  • 油断 (yudan) - 油断
  • 無防備 (muhōbi) - 無防備
  • 不注意 (fuchūi) - 不注意
  • 軽率 (keiratsu) - 軽率

*参考URL:

暖を取る(だんをとる)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書