手前味噌

【漢字】手前味噌
【読み】てまえみそ
【意味】自分が作った物を自分で褒める。
【例文1】自分で言うのも何だが、日曜大工は手前味噌だ。
【例文2】手前味噌だが、自信作だ。
【例文3】手前味噌ながら上出来だ。

手前味噌をテーマにした記事

謙遜しながらしっかり自己主張している大人な言葉「手前味噌」

ことわざや昔ながらの言い回しには、子どもや学生は使わない「大人な言葉」があるのではないでしょうか。社会人や結婚して所帯を持ったような大人でなければ、まず使うことのない用語です。
その一つが「手前味噌」。子どもはもちろん、成人していても学生はまず使うことはありません。就活の面接で使う学生は稀にいるかもしれませんが、それは就活の面接という特殊なシーンだからと考えていいでしょう。
日常の会話で「手前味噌ながら」というような話し方をする学生はかなりレアにちがいありません。
この言葉の「手前」というのは「自家製」という意味。「自家製の味噌を自慢する」というところから生まれた言葉のようです。
要は自慢をしているわけですが、そこに日本人らしい謙譲の美徳が隠されているのがこの言葉の特色と言っていいでしょう。「自慢話のようになって申し訳ありませんが」というニュアンスが「手前味噌ながら」という言い回しにあるのです。
「これから自分のする話は自慢話に聞こえるかもしれません。申し訳ありませんね」と謙遜した前置きをしたあとで、実際に自慢話をするわけです。
営業マンが自社製品を説明するときに、「手前味噌ではありますが」という場合、その後にはその製品の「ウリ」のポイントが来るわけです。「他社はまだ開発できていません」と言うように、自社製品を強くアピールするわけです。
謙遜しているように見えて、実はしっかり自己主張する大人な言葉、それが「手前味噌」ということになるでしょう。 

 

」で始まる言葉一覧

2269.天王山  2206.天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず  2224.天秤に掛ける  2242.天を衝く  2260.鉄面皮  2251.亭主関白  2215.天は自ら助くる者を助く  2233.天変地異  2093.天災は忘れた頃にやってくる  2046.天下太(泰)平  2022.天衣無縫  2070.天狗になる  2142.天真爛漫  2106.天井知らず  2130.天知る地知る我知る人知る  2166.天地神明  2188.天にも昇る心地  2197.天は二物を与えず  2007.手を焼く  2058.伝家の宝刀  2034.天涯孤独  2082.電光石火  2154.天高く馬肥ゆる秋  2177.天に唾する  2118.天上天下唯我独尊  1995.手を結ぶ  1966.手を広げる  1821.手を染める  1920.手を握る  1804.手を拱く  1951.手を引く  1936.手を抜く  1880.手を付ける  1856.手を尽くす  1901.手を取る  1837.手を出す  1981.手を回す  1750.手を下す  1768.手を組む  1786.手を加える  1732.手を切る  1714.手を借りる  1549.出る杭は打たれる  1591.手練手管  1527.出物腫れ物所嫌わず  1570.出る幕がない  1504.手も足も出ない  1696.手を貸す  1675.手を替え品を替え  1480.手前味噌  1404.手の平(掌)を返す  1456.出端(鼻)をくじく  1633.手を入れる  1430.手八丁口八丁  1654.手を打つ  1612.手を上げる  1291.手に手を取る  1377.手の内を見せる  1201.手に落ちる  1231.手に掛ける  1261.手に付かない  1350.手に乗る  1321.手に取るように  1107.手に汗を握る  1139.手に余る  1171.手に負えない  1075.手鍋提げても  1042.手取り足取り  942.徹頭徹尾  976.鉄は熱いうちに打て  908.手玉に取る  801.梃子でも動かない  687.敵は本能寺にあり  726.手ぐすねを引く  851.天下は回り持ち  610.適材適所  837.手塩に掛ける  649.敵に塩を送る  765.手心を加える  873.出たとこ勝負  366.手が届く  489.手が早い  324.手が出ない  571.手が回る  281.手が付けられない  238.手が足りない  449.手が離れる  530.手が塞がる  407.手が離せない  194.手が込む  150.手が掛かる  62.手が上がる  18.手足を伸ばす  106.手が空く