「腹が黒い」は、表面は穏やかで良い人そうに見えて、内心は悪巧みなどを考えているという意味

「腹が黒い」は、表面は穏やかで良い人そうに見えて、内心は悪巧みなどを考えているという意味です。裏腹な性格を表す言葉として使われます。

具体的には、以下のような人を指す場合に「腹が黒い」と言われます。

  • 表面は親切で優しい人なのだが、実は計算高く、自分の利益のために他人を利用しようとする人
  • 人前では良いことを言っているのに、陰では悪口を言っている人
  • ニコニコ笑顔で話しかけてくるが、実は内心では相手を見下している人

「腹が黒い」の類義語

  • 腹黒い
  • 腹に一物ある
  • 二枚舌
  • 陰険
  • 狡猾
  • 悪知恵
  • 腹黒い
  • 腹に一物ある
  • 二枚舌
  • 陰険
  • 狡猾
  • 悪知恵

「腹が黒い」の反義語

  • 純粋
  • 無邪気
  • 正直
  • 誠実
  • 善良
  • 心優しい

「腹が黒い」の使い方

  • 「あの人は、いつもニコニコしていて感じが良いんだけど、どこか「腹が黒い」感じがするんだよね。」
  • 「彼女は、「腹が黒い」ところがあって、信用できない。」
  • 「政治家って、みんな「腹が黒い」よね。」

「腹が黒い」の例文

  • 社長は、いつも部下を褒めているけど、実は「腹が黒くて」、使い捨てにしようとしているらしい。
  • あの男は、「腹が黒くて」、信用できない。
  • 彼女は、「腹が黒くて」、いつも人の悪口を言っている。

注意

「腹が黒い」は、相手を批判する言葉なので、使う際には注意が必要です。 根拠なく人を「腹が黒い」と決めつけないようにしましょう。

その他

「腹が黒い」という言葉は、江戸時代から使われており、浮世絵にも描かれています。

参考URL:

腹が黒い(はらがくろい)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書