天涯孤独

【漢字】天涯孤独
【読み】てんがいこどく
【意味】身寄りが一人もいないひとりぼっちの人。
【例文1】独身で子どももおらず天涯孤独だ。
【例文2】天涯孤独で淋しい。
【例文3】天涯孤独で孤独死

天涯孤独をテーマにした記事

 

天涯孤独上等!の友人

わたしの友人は42歳です。
離婚歴はあるものの、そこそこ綺麗だし、そこそこ仕事もできてわたしからすればキラキラして見えます。
とても羨ましいです。
ですが、彼女は彼女なりに四十路を境に思い悩むことがあるようです。
マツコ・デラックスさんの考えにかなり同調しています。
わたしはもう結婚もないだろうし、子どももいないし、天涯孤独で死んでいくんだわ。
と本当にマツコさんと同じようなことを言っています。
振り切っているつもりでも、かなり寂しい夜はたまにあるらしく、そんな時は新宿二丁目に行くそうです。
同姓の同年代の友達はいつ裏切るかわからないから、なのだそうです。
おねェのお友達は絶対に裏切らないから、最悪おねェの友達とルームシェアをするのだそうです。
彼女には洗練された魅力があり、若く見えるし綺麗なのにどうしてそんなに諦めているのでしょうか・・・
でも彼女は別に諦めたわけではないようでした。
ただ、恋愛に興味がなくなってしまったのだと言います。
確かに、恋愛だけが全てではないと思います。
恋愛をしていても干からびている人はたくさんいますし、その逆もまた然り。
でも友人が満たされていないのもまた確かなのです。
友人が夢中になれる出会いがあるといいなぁと思うわたしでした。
友人に天涯孤独は似合わないのです。