一目置く

【漢字】一目置く
【読み】いちもくおく
【意味】囲碁からきた言葉である。ルールにのっとって弱者が先に碁石を一目置くことから、自分よりも優れた人に敬意を示す意味になった。
【例文1】彼は新人ながら一目置く存在だ。
【例文2】彼女の人生に一目置く。
【例文3】誰もが一目置く逸材だ。

一目置くをテーマにした記事

実力差というものは一目置く程度では埋まらないものです

一目置くとは囲碁から生まれた言葉で、弱いほうが勝負に先立って盤面に一目先に置かせてもらうことを由来としています。
実際に囲碁をやってみれば分りますが、ある程度の力量差があれば一目や二目はあっという間に追いつかれ覆されてしまいます。
まあ、あまりに実力差がある場合などは一目置くなどという表現は使用されません。
使用されないというよりも使用すべきではないという方が正しいでしょう。
一目置くとは大抵の場合、同期や同格の集団にあって一歩抜きん出ている状態を指すようです。
その道の達人や自分の師匠筋にあたる人物に一目置くなどと言ったら鼻で笑われることでしょう。
一目置くは、一目置くことで勝負になるかもしれない相手に対して使うものだからです。
将棋で飛車角落ちで勝負するような実力差ならば、一目置くの範囲には全く入りません。
それは、胸を借りるとか稽古をつけてもらう、ほとんど負けることが分っている状況で指導を受ける状況です。
指導する先達が教え上手で、指導を受ける側が意欲的に技能を吸収しようとすれば、面白いくらいサクサクと上達するでしょう。
その場合は圧倒的な実力差は悲観すべきものではなく、むしろありがたく思うことになります。

誰もが一目置くような、そんな自分だけの何かを手に入れたい。

1つのことを極めた人は、誰もが一目置くような存在になります。
ここまで行きついている人に共通して言えるのは、同じ人間として、年齢問わず1歩先を行かれているような気がします。一般常識云々というものではなく、人間とし物事の見方が変化しているように感じます。何か、大人びた、先を見据えた見方をしている方が多く、すべて正しそうに聞こえてきます。
私も、極めようと努力していることがあります。それを極めたところでどうなるというものですし、さらに上には上がいるのだろうと覚悟もしています。しかし、この学びにより、すでに今現在で得ているものも多々あります。それを通じてできた友人。没頭するという集中力の強化。そこから派生する出来事による、予備知識の蓄積とまだまだ私の気づいていない何かがあるとも思っています。
1つのことを極めた人は、人間的に大きく感じます。その極めた人も、私のように自己分析を行って、それを自分の自身に繋げている、だからこそ自分が大きく見えるのだとわかっているのではないでしょうか。
1歩ずつですが、早くその域に達するよう努力する次第です。

」で始まる言葉一覧

.2538引導を渡す .2537慇懃無礼 .2536因果を含める .2535因果応報 .2534異を唱える .2533意を決する .2531言わぬが花 .2529鰯の頭も信心から .2527色をなす .2525色を付ける .2523色を失う .2521嫌気が差す .2518否が応でも .2515いやが上にも .2511芋の煮えたもご存じない .2507芋の子を洗うよう .2503芋づる式 .2499意味深長 .2495今泣いた烏がもう笑う .2491威風堂々 .2487意表を突く .2483茨の道 .2479井の中の蛙大海を知らず .2475命の洗濯 .2471命あっての物種 .2467犬も食わない .2462犬も歩けば棒に当たる .2457犬の遠吠え .2447意に介さない .2442糸を引く .2437居ても立っても居られない .2432一服盛る .2427一敗地に塗れる .2421一杯食わされる .2415一得一失 .2409一刀両断 .2403一頭地を抜く .2397一長一短 .2391一朝一夕 .2384一知半解 .2377一線を画す .2370一石を投じる .2362一石二鳥 .2354一世を風靡する .2346一世一代 .2337一寸の虫にも五分の魂 .2330一寸の光陰軽んずべからず .2322一寸先は闇 .2314一炊の夢 .2306一心不乱 .2298一心同体 .2290一進一退 .2282一矢報いる .2274一触即発 .2265一笑に付す .2256一将功なりて万骨枯る .2247一生懸命 .2238一瀉千里 .2229一糸乱れず .2220一切合切(財) .2211一刻を争う .2202一国一城の主 .2193一挙両得 .2183一挙手一投足 .2171一挙一動 .2160一騎当千 .2148一気呵成 .2136一喜一憂 .2124一巻の終わり .2112一家を成す .2099一攫千金 .2088一を聞いて十を知る .2076一蓮托(託)生 .2064一利一害 .2052一翼を担う .2040一陽来復 .2028一葉落ちて天下の秋を知る .2014一も二もなく .2001一目瞭然 .1988一目置く .1973一網打尽 .1958一望千里 .1943一富士二鷹三茄子 .1928一部始終 .1912一病息災 .1892一姫二太郎 .1870一念発起 .1845一年の計は元旦にあり .1829一難去ってまた一難 .1812一日の長 .1795一日千秋 .1777一事が万事 .1759一言半句 .1741一期一会 .1723一言居士 .1705一から十まで .1687一か八か .1666一衣帯水 .1645一意専心 .1624至れり尽くせり .1603板挟みになる .1582板に付く .1561ごっこ .1539痛し痒し .1493痛くも痒くもない .1469痛い目にあう .1444急がば回れ .1418いずれ菖蒲か杜若 .1392以心伝心 .1365意地を張る .1338衣食足りて礼節を知る .1309医者の不養生 .1279石橋を叩いて渡る .1249石の上にも三年 .1219石に漱ぎ流れに枕す .1189石にかじりついても .1159石が流れて木の葉が沈む .1127いざ鎌倉 .1095異口同音 .1062息を吹き返す .1029息を引き取る .996息を弾ませる .963息を呑む .929息を抜く .894息をつく .859威儀を正す .822息を殺す .786息を凝らす .749意気揚々 .710息の根を止める .671意気投合 .633意気消沈 .594意気軒高 .554息が長い .513息が詰まる .472息が絶える .432行きがけの駄賃 .390息が切れる .350息がかかる .307息が合う .301色の白いは七難隠す .264生き馬の目を抜く .221行き当たりばったり .177怒り心頭に発する .133いかもの食い .89言うは易く行うは難し .45言うに事欠いて .2唯々諾々