「羽を伸ばす」は、窮屈な日常から解放され、自由に活動することを意味する慣用句

「羽を伸ばす」は、窮屈な日常から解放され、自由に活動することを意味する慣用句です。

読み方

  • はねをのばす

語源

「羽を伸ばす」という言葉の語源は、鳥が飛び立つときに翼を広げる様子から来ていると言われています。

鳥が飛び立つと、空を自由に飛び回り、広い世界を眺めることができます。

このことから、「羽を伸ばす」という言葉は、自由や解放感を象徴するようになりました。

意味

「羽を伸ばす」という言葉は、仕事や勉強などの疲れを癒すために、休息を取ったり、趣味を楽しんだりすることを意味します。

具体的には、

  • 旅行に行く
  • スポーツをする
  • 映画を見る
  • 読書をする
  • 友人と遊ぶ

など、様々な方法で羽を伸ばすことができます。

使い方

「羽を伸ばす」という言葉は、動詞として使われます。

例えば、

  • 週末はどこかへ旅行に行って「羽を伸ばそう」と思う。
  • 忙しくてなかなか休みが取れなかったけど、やっと「羽を伸ばせる」ようになった。
  • 仕事が終わったら、ジムに行って「羽を伸ばしたい」。

のように使われます。

例文

  • 彼らは、長期間の試験勉強を終えて、ようやく「羽を伸ばす」ことができるようになった。
  • 彼女は、ストレス解消のために、週末は必ず「羽を伸ばしている」。
  • 会社では、社員が定期的に「羽を伸ばせる」ように、有給休暇の取得を推奨している。

類義語

  • リフレッシュする
  • 息抜きをする
  • ストレス解消をする
  • 気分転換をする
  • 思いっきり遊ぶ

対義語

  • 忙しくする
  • 働く
  • 勉強する
  • 責任を持つ
  • 義務を果たす

その他

「羽を伸ばす」という言葉は、ポジティブな意味合いで使われることが多いです。

しかし、皮肉や嫌味を込めて使われることもありますので、文脈をよく理解して使うことが大切です。

まとめ

「羽を伸ばす」は、窮屈な日常から解放され、自由に活動することを意味する慣用句です。

ポジティブな意味合いで使われることが多いですが、皮肉や嫌味を込めて使われることもありますので、文脈をよく理解して使うことが大切です。

参考URL:
羽を伸ばす(はねをのばす)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書