火中の栗を拾う

【漢字】火中の栗を拾う
【読み】かちゅうのくりをひろう
【意味】自分の利益にもならないのに他人にそそのかされて危険を冒す。
【例文1】火中の栗を拾うように仕向ける。
【例文2】火中の栗を拾うとも知らないで。
【例文3】おひとよしで火中の栗を拾う。

火中の栗を拾うをテーマにした記事

火中の栗を拾うの由来と意味

皆さん「火中の栗を拾う」という言葉をご存知でしょうか?
普段、生活しているなかではあまり耳にしない言葉ですね。
これは自分の利益にはならないのに他人にそそのかされて危険を冒すことの例えだそうです。
また自ら困難に立ち向かう、という意味もあるそうです。

この言葉は、十七世紀のフランの詩人、ラ・フォンテーヌがイソップ物語を基にした物語の中でずる賢い猿におだてられた猫が、囲炉裏の中で焼けている栗を拾い大やけどをし栗は猿に食べられてしまう、という悲しいお話が由来になっているようです。

イソップ物語、は皆さんご存じですよね。でも具体的に何をイソップ物語と指すのかご存じですか?
イソップ物語はアイソーポス(イソップ)が作った物語を集めた物語集の総称なんです。

有名な物語は「北風と太陽」「アリとキリギリス」「金の斧と銀の斧」などです。
この辺の物語は一度は子供の頃、絵本などで読み聞かせがあったのではないでしょうか。名前を聞いただけで物語の内容がわかる人がほとんどだと思います。
他にも「農夫とそのこどもたち」や「バッタを捕まえる少年とサソリ」など有名ではないですが面白い物語もたくさんありますので、大人になった皆さんも、もう一度読み直してみるのもいいかもしれません。

火中の栗を拾うのは確かに危険です

今どき焚き火をしている場で栗を焼こうなどとする人があるとは思えません。
歴史の教科書で火中の栗を拾うという題目の風刺画を見たときにその言葉の意味を知り危険性を既に知っているはずです。
もともとこの言葉は「猿と猫」というフランスの寓話がその由来だそうです。
猿が猫をおだてて暖炉の栗を拾わせ、結果は猫が大火傷を負い猿が栗を食べたという話です。
危険な仕事を他人に押し付けてその利益だけは自分がいただくというなんとも小悪党な振る舞いです。
教科書に載っていた風刺画は、猫が日本で猿がイギリス、栗を煮ていたのはロシアだったとおもいます。
結果は戦争という大惨事、唆されて動いてしまったのも賢くないと言えますが、およそ紳士の国とは言えない非道なやり方です。
さて、他人に唆されて危険を冒すのを火中の栗を拾うといいますが、安全に栗を焼く方法も無いわけではありません。
急激に加熱すると中の水分が蒸気となって爆発するので、そのまま焼くのは危険です。
焼いている場所に近づくだけで危険、焼きあがりそうな時などさらに危険度は上がります。
破裂しないようにするには、弱火で長時間加熱する石焼などの方法が良さそうです。
他の方法として、軽く切れ目を入れればそこから程よく蒸気が抜けるので、そちらの方が安全度は高そうです。
銀杏を石油ストーブの上で焼くときなどにもこの方法は使われます。

 

」で始まる言葉一覧

2508.完膚なきまでに  2504.看板に偽りなし  2519.間一髪  2516.閑話休題  2512.完璧  2428.眼光紙背に徹す  2422.感慨無量  2448.顔色なし  2468.邯鄲の夢  2488.癇に障る  2443.冠婚葬祭  2463.肝胆相照らす  2484.艱難汝を玉にす  2410.かわいさ余って憎さ百倍  2404.かわいい子には旅をさせよ  2480.艱難辛苦  2476.噛んで含める  2472.眼中にない  2416.我を張る  2438.閑古鳥が鳴く  2433.換骨奪胎  2458.完全無欠  2500.看板倒れ  2453.勧善懲悪  2496.間髪を入れず  2492.堪忍袋の緒が切れる  2315.亀の甲より年の功(劫)  2266.兜を脱ぐ  2398.彼を知り己を知れば百戦あやうからず  2392.枯れ木の山の賑わい  2283.壁に耳あり障子に目あり  2203.金に目がくらむ  2307.神も仏もない  2355.烏の行水  2340.可もなく不可もなし  2338.蚊帳の外  2248.株が上がる  2378.画竜点睛を欠く  2371.借りてきた猫  2257.禍福は糾える縄の如し  2385.枯れ木に花  2363.体を張る  2347.痒い所に手が届く  2212.金の切れ目が縁の切れ目  2239.金持ち喧嘩せず  2275.株を守りて兎を待つ  2299.鎌を掛ける  2291.果報は寝て待て  2323.鴨が葱を背負ってくる  2029.買って出る  2041.河童の川流れ  2149.鼎の軽重を問う  2101.瓜田に履を納れず  2125.角が取れる  2184.金が物を言う  2161.蟹の横ばい  2194.金に糸目を付けない  2137.門松は冥土の旅の一里塚  2002.勝手が違う  2077.我田引水  2053.活を入れる  2089.合点がいかない  2172.蟹は甲羅に似せて穴を掘る  2113.角が立つ  2015.勝って兜の緒を締めよ  1975.花鳥風月  1945.肩を持つ  1847.肩を怒らす  1914.方(片)を付ける  1894.肩を落とす  1930.肩を並べる  1960.火中の栗を拾う  1872.肩を入れる  1990.合従連衡  1815.肩身が狭い  1831.語るに落ちる  1744.肩の荷が下りる  1798.片棒を担ぐ  1780.肩肘張る  1726.型にはまる  1708.刀折れ矢尽きる  1762.片腹痛い  1447.佳人薄命  1585.風邪は万病の因  1606.風を切る  1542.風の便り  1627.方(片)が付く  1690.肩で息をする  1564.風の吹き回し  1648.肩透かしを食う  1496.風が吹けば桶屋が儲かる  1519.稼ぎに追いつく貧乏なし  1472.苛政は虎よりも猛し  1669.固唾を呑む  1421.臥薪嘗胆  1367.火事あとの釘拾い  1395.舵を取る  1222.影を潜める  1312.風上にも置けない  1252.籠の鳥  1282.風穴を開ける  1368.笠に着る  1341.嵩に懸かる  1130.影が薄い  1162.陰になり日向になり  1192.影も形もない  1098.学問に王道なし  999.書き入れ時  1065.隔世の感  1032.蝸牛角上の争い  966.我が強い  932.顔をつなぐ  720.駆け馬に鞭  825.顔を貸す  752.顔向けできない  674.顔から火が出る  713.顔に泥を塗る  636.顔が広い  897.顔を出す  862.顔を曇らせる  789.顔を売る  225.快刀乱麻を断つ  268.隗より始めよ  597.顔がつぶれる  311.蛙の子は蛙  558.顔が立つ  436.顔が売れる  476.顔が利く  517.顔が揃う  353.蛙の面に水  394.顔色をうかがう  181.灰燼に帰す  137.外柔内剛  6.飼い犬に手を噛まれる  49.開口一番  2230.金は天下の回りもの