黒山の人だかり

【漢字】黒山の人だかり
【読み】くろやまのひとだかり
【意味】日本人の黒髪からきている。大勢の人が集まって山のように見える様子。
【例文1】バーゲンセールで黒山の人だかりで賑わう。
【例文2】リニューアルオープンで黒山の人だかり。
【例文3】ロケ地がファンでいっぱいで黒山の人だかり。

黒山の人だかりをテーマにした記事

茶髪の人が集まっても「黒山の人だかり」?

大勢の人が一つの所に集まっている様子を「黒山の人だかり」と表現します。
イメージとしては、昔の街頭テレビ。まだ今のようにテレビが普及していない時代、大都市の街中に街頭テレビが置かれ、多くの人がテレビの前に群がって、夢中になって放送を見たという様子が、写真や映像に残っています。
「街頭テレビに群がり、力道山のプロレスの試合に夢中になる人々の、黒山の人だかり」は、たいへん有名な昭和のワンシーンと言っていいでしょう。
この言葉がいつごろ生まれたのかはわかりませんが、日本人の頭髪が黒いために、「黒山」と表現されたことは間違いありません。黒い髪の人が集まっている様子がまるで黒い山のように見えるとうわけですね。
ということは、たとえばある世代のあるタイプの人だけがたくさん集まるシーンで、そこにいる人のほとんどが茶髪の場合は、使えない表現ということになるのでしょうか。
確かに、見た目が「茶色い山」の場合、わざわざそれを「黒山」に喩えるのは、無理があります。
そこで、思いついて、「外国にはこういう表現はあるのか」を、ちょっと調べてみました。
「金山の人だかり」というような表現があったらおもしろいと思ったのですが、私が調べた限り、残念ながらそういう表現は見つかりませんでした。

 

」で始まる言葉一覧

2558.雲に汁  1977.群を抜く  1962.群雄割拠  1947.軍門に降る  1932.軍配が上がる  1916.君子は豹変す  1896.君子危うきに近寄らず  1874.黒山の人だかり  1849.車の両輪  1833.苦しい時の神頼み  1817.暗がりから牛  1800.雲を衝く  1782.雲をつかむよう  1764.雲と霞と  1746.蜘蛛の子を散らす  1728.苦もなく  1710.九分九厘  1692.首を横に振る  1671.首をひねる  1650.首を長くする  1629.首を突っ込む  1608.首を切る  1587.首を傾げる  1566.首根っこを押さえる  1544.首になる  1521.首が回らない  1498.首が飛ぶ  1474.苦杯をなめる  1449.愚の骨頂  1423.国破れて山河あり  1397.苦肉の策  1370.口を割る  1343.口を挟む  1314.口を拭う  1284.口を濁す  1254.口を尖らせる  1224.口をつぐむ  1194.口を出す  1164.口を揃える  1132.口を酸っぱくする  1100.口が利く  1067.口も八丁手も八丁  1034.口火を切る  1001.口は災いの元  968.くちばしを入れる  934.くちばしが黄色い  899.口にする  864.口に合う  827.口車に乗る  791.口が悪い  754.口から先に生まれる  715.口が減らない  676.口が滑る  638.口が軽い  599.口が堅い  560.口が重い  519.口がうまい  478.口裏を合わせる  438.管を巻く  396.草葉の陰  355.草の根を分けて捜す  313.腐っても鯛  270.臭い物に蓋をする  227.釘を刺す  183.釘付けになる  139.ぐうの音も出ない  95.空前絶後  51.食うか食われるか  8.苦あれば楽あり、楽あれば苦あり