暗がりから牛

【漢字】暗がりから牛
【読み】くらがりからうし
【意味】暗がりで黒牛を見ても何なのかわからないもの。区別がつきにくい。または動作が鈍いという意味。
【例文1】メガネの度数が合わず、男か女かさえ暗がりから牛。
【例文2】夜道で黒っぽい洋服は暗がりから牛で危険。
【例文3】全身黒ずくめは不審者に見られ暗がりから牛だ。

暗がりから牛をテーマにした記事

暗がりに牛とは

「暗がりから牛」とは、暗いところに牛がいるといるのかいないのかわからないことから見分けがつかないことや物の区別がつかないことのたとえを指します。
この場合の牛とは黒い牛のことで暗闇に黒い牛がいるとはっきり見えません。そのことから物の区別がつかないたとえとされています。
もう一つ意味があり、牛は動きがゆっくりなことから動作が鈍くハキハキしないことのたとえとしても使われます。
類義語として、「暗闇の牛」「暗闇から牛を引き出す」「暗がりに牛を繋いだよう」などがあります。
例文は、
「夜に黒い服を着て歩いていると暗がりに牛のように判断しにくいから車に轢かれてしまうよ。」
「暗がりに牛のようにぐずぐずしていないで、いつものようにハキハキ動いてよ。」などと言った場合に使えます。
私も普段から黒系の服を好んで着ていますので、夜中になると暗がりに牛と同じで区別がつきにくくなります。それで車に轢かれそうになると言った思いはまだしていませんが、区別がつきにくいといつそうなるかわかりませんので最近では夜中出歩くときはなるべく黒系の服は避けるようにしています。
もう一つの意味であるハキハキしないたとえとしては使われないように暗がりに牛にはならないよう注意していきたいと思います。

」で始まる言葉一覧

2558.雲に汁  1977.群を抜く  1962.群雄割拠  1947.軍門に降る  1932.軍配が上がる  1916.君子は豹変す  1896.君子危うきに近寄らず  1874.黒山の人だかり  1849.車の両輪  1833.苦しい時の神頼み  1817.暗がりから牛  1800.雲を衝く  1782.雲をつかむよう  1764.雲と霞と  1746.蜘蛛の子を散らす  1728.苦もなく  1710.九分九厘  1692.首を横に振る  1671.首をひねる  1650.首を長くする  1629.首を突っ込む  1608.首を切る  1587.首を傾げる  1566.首根っこを押さえる  1544.首になる  1521.首が回らない  1498.首が飛ぶ  1474.苦杯をなめる  1449.愚の骨頂  1423.国破れて山河あり  1397.苦肉の策  1370.口を割る  1343.口を挟む  1314.口を拭う  1284.口を濁す  1254.口を尖らせる  1224.口をつぐむ  1194.口を出す  1164.口を揃える  1132.口を酸っぱくする  1100.口が利く  1067.口も八丁手も八丁  1034.口火を切る  1001.口は災いの元  968.くちばしを入れる  934.くちばしが黄色い  899.口にする  864.口に合う  827.口車に乗る  791.口が悪い  754.口から先に生まれる  715.口が減らない  676.口が滑る  638.口が軽い  599.口が堅い  560.口が重い  519.口がうまい  478.口裏を合わせる  438.管を巻く  396.草葉の陰  355.草の根を分けて捜す  313.腐っても鯛  270.臭い物に蓋をする  227.釘を刺す  183.釘付けになる  139.ぐうの音も出ない  95.空前絶後  51.食うか食われるか  8.苦あれば楽あり、楽あれば苦あり