緑の黒髪

【漢字】緑の黒髪
【読み】みどりのくろかみ
【意味】『緑』とは単に色の緑のことではなく、新緑、新芽の若葉を指す。艶のある黒髪の女性の髪をいう。
【例文1】日本の女性は緑に黒髪で美しい。
【例文2】若者に緑の黒髪を見かけなくなった。
【例文3】緑の黒髪が魅力的だ。

緑の黒髪をテーマにした記事

「緑の黒髪」って緑なの? 黒いの?

子どもの頃のエピソードです。小学生の時、母と町を歩いている時、母の知り合いの若い女性と出会いました。
母はその女性に、「お久しぶり、お変わりがなくて何よりだわ」というようなことを言った後で、さらにこう付け加えたのです。
「相変わらず緑の黒髪がおきれいね」
聞いていた私はきょとんとしてしまいました。それで、その女性と別れた後で、「ねえ、さっきの女の人、髪、緑じゃないよね。黒いよね」と母に言うと、「そうよ」との答え。
「なんで黒いのに緑だっていったの?」とさらに聞いたところ、「さあ、なんでなのかしら。昔からきれいな黒髪のことを緑の黒髪っていうのよ」と、母も首をかしげました。母はその意味を知らずにこの言葉を使っていたわけです。
それで、あとで調べてみたところ、日本語の「緑」という言葉には、「新芽や若葉のようにみずみずしく美しい」という意味があり、「緑の黒髪」の緑はそういう意味で使われているということがわかりました。
最近はほとんど耳にしなくなった言葉ではないでしょうか。ちょっとわかりにくい表現であるため、あまり使われなくなったのかも知れません。
もう一つ、今は女性が髪を染めるのがふつうになっていて、生まれながらの真っ黒な髪をしている若い女性が少なくなったことも、この言葉が使われなくなった理由のような気がします。

緑の黒髪の美しい女性

女性の魅力的なひとつに髪の毛があります。今は個性の時代で茶髪から金髪紫色の髪の毛の女性も沢山います。私は髪の毛のキレイな女性に惹かれます。それも緑の黒髪の女性です。過去に好きな人がいました。その人に片思いを抱いていた自分でした。そのひとは緑の黒髪で美しくとても顔立ちの良い小柄な女性でした。その髪緑の黒髪を見るといつもシャンプーのような香りが微かに漂ってきて、とても魅力的でした。そしてある時告白を決意しました。そしてお付き合いしてください。あなたが好きですと告白したのです。女性は私に言葉を返してきました。私のどこがいいのと。私は色々とその人の魅力的なところを言いました。そして緑の黒髪のことも告げたのでした。、女性とはしばらくお付き合いをする事になったのです、つまりOKをもらったのでした。デートを重ねて思ったことは、その人の緑の黒髪はとても魅力的である事を再認識させてもらいました。日本人は髪の色は概ね皆さん黒髪です。黒髪の女性は私は美しいと思います。最近は色々な色の髪の女性、男性もいますが黒髪の女性が減って来たのではないかと思います。人には自分の好みの髪の毛の色がありますからどんな色にも変身できますが、古来からの緑の黒髪を大事にしてもらいたいです。

」で始まる言葉一覧

2542.水の流れと身の行方 2425.見様見真似 2407.見切り発車 2401.身を寄せる 2419.未曾有 2413.水掛け論 2319.身を切られるよう 2311.身を固める 2262.見るに堪えない 2395.身をもって 2287.身を誤る 2208.脈がある 2359.身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ 2303.身を起こす 2351.身を粉にする 2334.身を削る 2226.未来永劫 2244.見ると聞くとは大違い 2374.身を挺する 2253.見るに忍びない 2367.身を立てる 2388.実を結ぶ 2381.身を投じる 2343.身を焦がす 2217.冥利に尽きる 2279.見る目がある 2235.見る影もない 2271.見るに見かねる 2295.身を入れる 2327.身を砕く 2096.耳を貸す 2012.耳にする 2049.耳に入る 2025.耳にたこができる 2145.耳をそばだてる 2109.耳を傾ける 2168.耳を塞ぐ 2121.耳をくすぐる 2190.身も蓋もない 2133.耳を澄ます 2073.耳寄りな 2037.耳に付く 2085.耳を疑う 2157.耳を揃える 2179.見向きもしない 1999.耳に障る 1863.実るほど頭の下がる稲穂かな 1970.耳慣れない 1825.身の振り方 1841.身の程知らず 1808.身の毛がよだつ 1924.耳が痛い 1955.耳が早い 1940.耳が肥える 1886.身二つになる 1906.耳打ちする 1985.耳に入れる 1772.身になる 1754.身につまされる 1790.身の置き所がない 1736.身に付ける 1718.身に付く 1411.味噌を付ける 1437.道が開ける 1463.道草を食う 1487.道を付ける 1682.身に覚えがない 1700.身に染みる 1598.三つ子の魂百まで 1556.三日坊主 1511.三日天下 1577.三日見ぬ間の桜 1640.緑の黒髪 1619.三つ指をつく 1661.身に余る 1534.三日にあげず 1357.身銭を切る 1300.水を差す 1210.水をあける 1240.水を打ったよう 1270.水を得た魚のよう 1384.店を畳む 1329.水を向ける 1117.水の滴るよう 1149.水は方円の器に従う 1180.水も漏らさぬ 918.水際立つ 1019.水と油 1052.水に流す 1085.水の泡 952.水臭い 811.水が合わない 699.見ざる聞かざる言わざる 738.微塵もない 622.みこしを担ぐ 660.みこしを据える 775.水入らず 883.水清ければ魚すまず 847.水が入る 460.右の耳から左の耳 207.身が入る 583.みこしを上げる 294.身から出た錆 543.見切りを付ける 251.身が持たない 337.右から左 502.右にならえ 377.右と言えば左 420.右に出る者がいない 163.磨きを掛ける 75.見得を切る 119.見栄を張る 31.ミイラ取りがミイラになる