道が開ける

【漢字】道が開ける
【読み】みちがひらける
【意味】将来の先の見込みがある。
【例文1】彼女は美人で要領もよく成績も優秀なので、どこに進んでも道が開ける。
【例文2】道が開けるように子どもの教育はしっかりする。
【例文3】若いうちに何にでも挑戦して道が開けるようにする。

道が開けるをテーマにした記事

道が開ける為に占いを使っています

人生に大きく影響を与えそうな選択肢を選ばなければならなくなった時、誰もが真剣に悩むはずです。
大事な選択肢をする場合、自分一人ではなかなか難しいものです。
ですから誰かに相談したくなると思います。
私もこれまで、何度となく誰かに相談をした経験があります。
昔の私は、家族や友人に相談をしていました。
身近な人は自分の事を良く知っていますから、私にとって、一番適切な選択肢をしてくれる可能性が高いです。
とは言え身近な人と言うのは、私の事を過大評価して居たり、逆に過小評価していたりします。
また身近な存在なだけに、自分の利害を考えて、アドバイスをする場合があります。
三者目線で見てはくれず、主観的な視点で答えを出す場合が多いのです。
人生を左右するような選択肢ですから、主観的ではなく、客観的な視点で答えを出してほしいと思っていました。
そこで私は客観的な視点で答えを出してもらおうと思い、占い師さんに相談してみる事にしたのです。
これまで私は占い師さんに答えを出してもらった事により、道が開けるに至った事が何度もありました。
これからも様々な事で道が開ける様に、私は占い師さんを頼りにしていきたいと考えています。

努力の末、道が開ける

我が家は夏休み後半になると、子供が溜め込んだ夏休みの宿題対策に追われ、生活リズムを崩してしまいます。
例年の経験から、今年は大変にならないように、子供に声掛けをしていましたが、案の定ほとんどやっていませんでした。
算数や漢字ドリルなどは、親が書くわけにいかないので私は工作、妻は習字、高校生の長女は日記という具合に担当を分け、小学生の次女の宿題対策を行いました。
私が担当する工作は、何を作るかも決まっていない為、ネットで調べたりホームセンターに行って、工作セットみたいな商品が販売されていないか確認しました。
その結果、貯金箱になる家の模型セットがあったので、それを購入して作ることにしました。妻や子供達も努力をした結果、ようやく道が開ける状態になってほっとしました。
最近では、ネットやアプリなどで宿題やります!などのサービスがあり、宿題は自分でやらないと意味が無いんだよ!と子供に教えつつ、家族総出で次女の宿題をやっているので反省しています。
次女にも反省するように言ってありますが、宿題をやるように声掛けだけではなく、実際に確認しないといけないな、と実感する夏休み後半の出来事でした。
とは言え、来年の夏休みも同じになりそうな気がしています。

悩み抜き、行動することが道が開ける

道が開ける境地はとてもすっきりした気分になりますが、それまではなかなかうまくいかずに、途中で挫折する場合もあります。
しかしながら、人間にとって悩みに悩み抜いた結果はついてくるものです。
例えば、自然と障壁がなくなることもありますし、悩み抜いた結果として、解決策が見出されることもあります。
このように、道が開ける時はある程度の時間や労力が必要になります。
決して安易な気持ちでは道が開けることはありません。
私も、仕事において、障壁によりうまく事が運べない状況になる場合があります。
たとえば、ステークホルダーが納得しない場合や、関係各所との調整が上手くいかない場合など、よくあります。
ただ、そのような時は、これまでの事例や経験を元に、悩み、考えます。
しかしながら、中には事例が見つからない場合もあります。その際には、周りの有識者にも相談します。
時間もかかりますが、自分でも行動しながら、また悩み抜いた結果、不思議と最適な解法を見出すことができます。
ポイントは悩み抜くくとと、自らが動いてみることです。他人任せにしていたら、ろくなことがありません。
自ら責任を持って、動いて解法を見出すことが、何よりも大切なことです。