難癖を付ける

【漢字】難癖を付ける
【読み】なんくせをつける
【意味】小さな欠点を大げさに責める。
【例文1】難癖ばかり付けるクレーマー
【例文2】難癖を付ける客。
【例文3】味付けが濃いと難癖を付ける。

難癖を付けるをテーマにした記事

些細なことで難癖を付けるクレーマーたち

先日テレビを見ていたら、クレーマーのことについての話題を取り上げていました。
中には些細なことに難癖を付けてくる常連のクレーマーがいるようです。

まさか、クレームを付けることで金品を要求して、それで生計を立てているわけではないと思います。

自分の中に溜まったストレスをクレーマーになって難癖を付けることで、解消している人が多いのかもしれません。

しかし、それはやられた方にしてみれば、とても迷惑な話です。
中には本当にクレームが必要な商品やサービスもあります。

何でも噛んでも難癖を付けて、それで自分がスッキリしたとしても、多くの人が不愉快に思うでしょう。
特にサービス業なのでは、そうした困ったお客さんがいるものです。

私は今までサービス業を経験してきませんでしたが、それでも接客をしていると、時々クレーマーのようなお客さんもいました。

そういう人はたいていブラックリストに載っていて、独自の接客マニュアルのようなものがあるようです。
人を相手の仕事はなかなか大変だと思いました。

クレーマー出なくても難癖を付けてくるような人には要注意です。
単にその人が細かすぎるのか、神経質なのかはわかりません。

世の中には様々な人がいるものです。
できるだけ難癖を付けるような人には関わらないでいたいものです。