余裕綽綽

【漢字】余裕綽綽
【読み】よゆうしゃくしゃく
【意味】あせらずのんびりしている様子。
【例文1】明日から家族旅行だというのに、準備もしないで余裕綽綽としている。
【例文2】明日から新学期だというのに余裕綽綽としている。
【例文3】明日は面接試験だというのに余裕綽綽としている。

余裕綽綽をテーマにした記事

余裕綽綽を自分なりに考えてみた

私は何事にも見栄を張り余裕綽綽に見せかけます。
小学校の時、夏休みは親が働きに出ていたので日中は遊び三昧でした。
帰宅した親に宿題はしているの?と聞かれてもしていると嘘を言っては遊びに出かけたものでした。夏休みも終わりに近づき、まっさらなノートをみてこれはまずいと思ったが、親にも言えるわけがありません。余裕綽綽な態度を取りながらも部屋にこもって焦って済ませていました。
高校を卒業する頃になると運転免許をとって初心者にも関わらず、余裕綽綽の態度を装っていたのです。女性の前では内心ドキドキして言葉と操作が一度にできないほど緊張していましたが、女性を乗せていることもあり、慎重に運転してますよアピールをして結果クールを装っていました。
仕事を転職した時も給料は少なかったですが、彼女とデートのときはイタリアン料理に誘っておごってやったり、誕生日プレゼントも頑張ってティファニーの指輪買ったりと余裕綽綽に見せかけました。それで翌月、明細を見て驚くのです。

その時は自己嫌悪に陥ります。

」で始まる言葉一覧

2555.世は相持ち 1827.夜を日に継ぐ 1843.世を渡る 1810.世をはばかる 1793.夜を徹する 1721.世を挙げて 1775.世を捨てる 1703.弱り目に祟り目 1757.世を忍ぶ 1739.世を去る 1416.世の習い 1601.寄らば大樹の陰 1467.呼び声が高い 1622.縒りを戻す 1685.弱音を吐く 1643.寄ると触ると 1559.夜も日も明けない 1491.呼び水になる 1514.読みが深い 1580.余裕綽綽 1442.世の目も寝ずに 1537.夜目遠目笠の内 1664.夜の帳 1335.世に問う 1276.世に聞こえる 1246.夜鍋をする 1389.余念がない 1216.四つに組む 1362.世に伯楽ありて然る後に千里の馬あり 1306.世に出る 1186.寄ってたかって 1155.予断を許さない 1091.よだれを垂らす 1025.葦の髄から天井をのぞく 1058.余勢を駆る 992.横を向く 924.横道にそれる 958.横槍を入れる 817.横紙破り 744.よく学びよく遊べ 705.欲の皮が突っ張る 628.欲と二人連れ 666.欲に目が眩む 781.欲も得もない 854.横車を押す 213.要求を飲む 343.羊頭狗肉 466.要領を得ない 426.要領がいい 589.良き分別は老人に問え 300.夜討ち朝駆け 549.良かれ悪しかれ 256.容姿端麗 508.用を足す 383.洋の東西を問わず 169.用が足りる 125.用意周到 37.善い事は真似でもせよ 81.宵っ張りの朝寝坊 1123.与太を飛ばす