夜目遠目笠の内

【漢字】夜目遠目笠の内
【読み】よめとおめかさのうち
【意味】女性の姿は夜見た時、遠目から見た時、かぶり物をしている時は多少なりとも綺麗に見える。
【例文1】夜目遠目笠の内だなんて失礼しちゃうわ。
【例文2】夜目遠目笠の内だと言われ複雑な心境だ。
【例文3】誰かわからなかったよ。夜目遠目笠の内だ。

夜目遠目笠の内をテーマにした記事

「夜目遠目笠の内」ではないけれど「見返り美人」を描いた菱川師宣について

「夜目遠目笠の内」とは夜に見かける女性、遠くに見える女性、笠を被っている女性は実際よりも美人に見えるという例えです。美人画で有名な画家のひとりが菱川師宣。「見返り美人」の絵で有名ですね。菱川師宣は父菱川吉左衛門と母オタマの間に、7人兄弟の第4子長男として、千葉県鋸南町に生まれました。生家は紺屋と塗り箔という刺繍業を営んでいて、師宣も16歳まで家業を手伝っておりましたが、小さい頃から絵を描くのが好きだったそうです。一念発起して江戸に出立。狩野派や土佐派の画風を学び、独自の画風を掴み取ります。彼は絵本の挿絵を描いていましたが、鑑賞用絵画としての木版摺りの一枚絵を手がけるようになり、絵画文化の大衆化に貢献しました。これが後の浮世絵版画のもととなりました。つまり、菱川師宣は浮世絵師の先駆けということですね。菱川師宣のお墓はJR保田駅の傍にあり、記念館が国道127号沿いの海側に建てられており、資料などを展示してあります。ここの「見返り美人」の絵は当然のことながらレプリカです。ここのおもしろいところは、土足厳禁で畳の部屋に靴を脱いであがる資料館です。ドライブに疲れて少し休みたい時にはちょうどいいかもしれません。ただ、拝観料は取られますが。

」で始まる言葉一覧

2555.世は相持ち 1827.夜を日に継ぐ 1843.世を渡る 1810.世をはばかる 1793.夜を徹する 1721.世を挙げて 1775.世を捨てる 1703.弱り目に祟り目 1757.世を忍ぶ 1739.世を去る 1416.世の習い 1601.寄らば大樹の陰 1467.呼び声が高い 1622.縒りを戻す 1685.弱音を吐く 1643.寄ると触ると 1559.夜も日も明けない 1491.呼び水になる 1514.読みが深い 1580.余裕綽綽 1442.世の目も寝ずに 1537.夜目遠目笠の内 1664.夜の帳 1335.世に問う 1276.世に聞こえる 1246.夜鍋をする 1389.余念がない 1216.四つに組む 1362.世に伯楽ありて然る後に千里の馬あり 1306.世に出る 1186.寄ってたかって 1155.予断を許さない 1091.よだれを垂らす 1025.葦の髄から天井をのぞく 1058.余勢を駆る 992.横を向く 924.横道にそれる 958.横槍を入れる 817.横紙破り 744.よく学びよく遊べ 705.欲の皮が突っ張る 628.欲と二人連れ 666.欲に目が眩む 781.欲も得もない 854.横車を押す 213.要求を飲む 343.羊頭狗肉 466.要領を得ない 426.要領がいい 589.良き分別は老人に問え 300.夜討ち朝駆け 549.良かれ悪しかれ 256.容姿端麗 508.用を足す 383.洋の東西を問わず 169.用が足りる 125.用意周到 37.善い事は真似でもせよ 81.宵っ張りの朝寝坊 1123.与太を飛ばす