若気の至り

【漢字】若気の至り
【読み】わかげのいたり
【意味】若さゆえに物事を正しく判断できずに行動して、後になって振り返って嘆く言葉。
【例文1】若気の至りでタトゥーを入れた事を本当に後悔している。
【例文2】若気の至りで両親に反発した事を反省する。
【例文3】暴走族に入ったのは若気の至りだ。

若気の至りをテーマにした記事

若気の至りとはどういう意味なの?

過去の若い頃の失敗を思い出し、よく若気の至りを後悔した方も多いのではないでしょうか。歳が若い方が、無差別のない行動を起こしてしまうことを意味します。大人になって思い返してみますと、恥ずかしかったりもどかしい気持ちを抱えてしまいます。若気の至りは過去の若かった自分の失敗を思い出して後悔するのものですで、決まった年齢は特にありません。過去の失敗に対して自分を戒めるための言葉ですので、いくつになっても使うことはできます。誰にでも若い頃には失敗をする経験の一つや二つはあるものです。

大人になって、子どもができた時に自分の経験を交えて話すことができますので反面教師として教育になります。若気の至りに年齢は関係ありませんが、平均としては二十代後半までがちょうど当てはまる年齢となります。大人になってしまいますと社会の常識に縛られることになりますが、若い内に様々な経験をしておくことで視野を広げることができる意味合いもあります。若い内に学んだ経験はのちのち大人になってから役にたちますので、失敗を乗り越えて落ち着いて進んでいこうという意味が若気の至りには込められているのではないでしょうか。大人になった時には、若い頃の自分を思い出して初心に返ってみましょう。

若気の至りとは?

よく会話のなかで、あれは若気の至りだったなぁなどという会話を耳にしますよね。若気の至りとは若さゆえに無茶なことをしてしまったという後悔を意味する言葉です。若気の至りでやってしまったという話でよく聞くのがタトゥーです。海外では割と普通に見かけますが、日本ではまだまだ浸透していない文化ですし、あまりよく思われないのも事実です。最近ではファッションタトゥーとして、小さなワンポイントのものを首や耳の後ろなど見えにくいところに入れる方もいますね。見えないものでもプールや温泉など利用を控えなければならない場所も多く、結婚して子供が生まれて後悔したという方も少なくないのではないでしょうか。若い頃はかっこいいとおもっていたし、おしゃれなファッション上級者という気持ちだったかもしれませんが、何年か後には若さゆえによく考えずにやってしまった若気の至りとして後悔することになるのです。この他にも日焼けやピアスなんかも若いうちはかっこいいものですが何年か経つと後悔してしまうことがあります。あの頃は若かったからと言って片付けられることもありますが、あとになってどうしようない事もあります。あの頃の若気の至りで、と後悔しないように物事の判断は慎重に行いましょう。

」で始まる言葉一覧

2551.我が仏尊し 1336.我を忘れる 1277.我に返る 1247.破れ鍋に綴じ蓋 1390.和を以て貴しと為す 1217.我関せず 1363.輪を掛ける 1307.我も我もと 1187.悪い虫が付く 1125.割に合う 1157.割を食う 1093.割がいい 1027.笑う門には福来たる 1060.藁にもすがる 961.和洋折衷 994.笑いは人の薬 927.詫びを入れる 820.渡る世間に鬼はない 747.渡りに船 708.綿のように疲れる 631.禍を転じて福となす 892.罠にかかる 669.和して同ぜず 784.渡りを付ける 857.割って入る 219.我が身をつねって人の痛さを知れ 262.我が世の春 348.脇が甘い 470.訳が違う 592.禍は口から