「例によって例のごとし」とは、いつもと変わらない様子であるという意味の日本語の慣用句

「例によって例のごとし」とは、いつもと変わらない様子であるという意味の日本語の慣用句です。

意味

  • いつもと変わらない様子である。
  • 前回と同じような状況である。

言い換え

  • 相変わらず
  • いつものこと
  • 旧態依然
  • いつも通り
  • いつものパターン

由来

この慣用句の由来は明確ではありませんが、江戸時代の浮世草子や戯作などに見られる表現であることから、江戸時代頃に成立したと考えられています。

  • 彼、今日も遅刻してきた。例によって例のごとしだ。
  • 試験の結果は散々だった。例によって例のごとしだ。
  • 天気は今日も雨。例によって例のごとしだ。

注意点

「例によって例のごとし」は、必ずしもネガティブな意味で使われるわけではありません。例えば、いつもと変わらず安定した結果を出しているような場合は、ポジティブな意味で使われます。

類義語

  • 相変わらず
  • いつものこと
  • 旧態依然
  • いつも通り
  • いつものパターン

対義語

  • 変化
  • 革新
  • 進歩
  • 改善
  • 一新

例文

  • 彼女は今日も元気だ。例によって例のごとしだ。
  • チームは今日も勝利した。例によって例のごとしだ。
  • プロジェクトは今日も順調に進んでいる。例によって例のごとしだ。

まとめ

「例によって例のごとし」は、状況がいつもと変わらないことを表す慣用句です。この慣用句を使うことで、状況を簡潔に表現することができます。

参考URL:
例によって例の如し(レイニヨッテレイノゴトシ)とは? 意味や使い方 - コトバンク