「門前市を成す」とは、人が門前に群れ集まり、市が開かれるように活気づく様子を表す慣用句

「門前市を成す」とは、人が門前に群れ集まり、市が開かれるように活気づく様子を表す慣用句。
読み方: もんぜんいちをなす

意味:

  • 人が門前に群れ集まり、市が開かれるように活気づく様子を表す慣用句。
  • 権力者や名声のある人物の門前が、人の出入りで大変にぎわう様子をたとえる。
  • 転じて、人気のある店や商品が、多くの人を集めて活況を呈する様子にも使う。

由来:

  • 中国の故事「戦国策」の一節「門庭若市」から。
  • 孟嘗君が食客三千人を養っていたという故事に由来し、その門前がまるで市場のように活気づいていた様子を表している。

使い方:

  • 有名人の自宅や店を訪れる人々で賑わう様子を形容する際に使う。
  • 人気商品の販売現場の活況を表現する際に使う。
  • 人が集まり活発な様子を比喩的に表現する際に使う。

例文:

  • 新しくオープンした人気店の前には、連日長蛇の列が門前市を成している。
  • 著名な作家の講演会は、会場の門前市を成すほどの大盛況だった。
  • 選挙演説会場は、熱狂的な支持者たちで門前市を成していた。

類義語:

  • 人山人海
  • 盛況
  • 賑やか
  • 活気
  • 大入り

対義語:

  • 閑古鳥
  • 不景気
  • 寂しい
  • 蕭条
  • 閑散

参考:

  • 門前市を成す - コトバンク: [無効な URL を削除しました]

補足:

  • 「門前市を成す」は、必ずしも人の出入りが激しい様子だけを指すわけではありません。
  • 多くの人が集まり、活発な活動が行われている様子をポジティブに表現する言葉として使われます。

例文:

  • 新しいアイデアで生まれ変わった会社は、活気に満ちあふれ、門前市を成すような勢いで業績を伸ばしている。
  • 長年地域に根差した商店街は、住民たちの交流の場として、今日も門前市を成している。
  • 子どもたちの笑顔あふれる公園は、週末になると門前市を成すほどの賑わいを見せる。

注意:

  • 「門前市を成す」は、必ずしもポジティブな意味合いを持つ言葉ではありません。
  • 人が殺到して混乱している様子をネガティブに表現する場合もあります。

その他:

  • 英語では "be crowded with people" や "be very popular" という表現があります。

参考URL:
門前市を成す(モンゼンイチヲナス)とは? 意味や使い方 - コトバンク