水を差す

【漢字】水を差す
【読み】みずをさす
【意味】物事の最中に仲の良い関係の邪魔をする。
【例文1】水を差すようだが、こうした方がいいんじゃないか?
【例文2】その行動は無駄だと水を差す。
【例文3】水を差して悪いが、言わせてもらう。

水を差すをテーマにした記事

水を差して、周りを不快にさせないように気を付ける

会話などに、水を差されることがあります。
いつもタイミングが悪く、水を差すことのしょっちゅうです。

しかし、そんな人も心がけ次第でそれを変えていくことができます。
水を差す人がそうならないようにするためには、見えない間を感じ取ることが必要です。

そのためにも今の状況を把握したり、相手を尊重して接することが必要になってきます。
自己中心的な考えや行動では、どうしても相手のことが二の次になってしまいます。

その為、間が悪くなってしまい、水を差すようなことばかりを言ってしまうようになってしまいます。

自分では意識していなくても、水を差すような意見や行動を行っているかもしれません。
相手は不快に感じてしまいますし、それをハッキリと言わない人もいます。

会話や人間関係はお互いが対等な立場な方が上手くいくことが多いようです。
例え、年齢や立場が違っていても、それを鼻にかけたり、卑屈に感じてしまう知、水を差す結果になってしまいます。

どんな相手でも相手を尊重しつつ、自分を卑下しないで接することが、より良い人間関係を築いていくためにも重要なことだと思います。

水を差す人はよく会社にもいますね

会社に勤めていると、会議中にまとまりかけた事柄に対してちゃぶ台をひっくり返すように、水を差す人は沢山います。
もともと、水を差すという意味は、熱いものをぬるくしたり、水を入れて温度を下げることですが、うまくいっていることに対して邪魔をする意味にもなります。
いわゆる、空気が読めないの人がやったり、めまわしができていない場合に、水を差してぶち壊すことにもなります。
例えば、高校野球において、チームの士気が高まっている最中に部員による不祥事で水を差してしまい、大会に出場すらできなくなるという事例があります。
また、会社においては、商談がまとまりかけている時に、話の流れに水を差してしまい、商談が台無しになるという事例があります。
しかしながら、困ったことに、水を差した人は特に自分が悪いことをしたとは思って場合が多いことも事実です。不思議なことに、特に会社で起こる出来事については、水を差してしまったことをかえって良かれと思って行動に移した人が多いのです。
このように、水を差すということについては、ほとんどの原因がコミュニケーション不足によるものです。
水を差すことが起こらないように日頃からきちんとコミュニケーションをとることが大事です。

水を差す

せっかくうまく行き掛けている所に邪魔な行為を働く事で、その余計な行動が良い流れを悪くしてしまう時に「水を差す」と言います。「二人の仲に水を差してしまった」や「企画が採用されようとしていたのに、あいつが水を差して駄目になった」という様に、意味合いとしては良い時に使う表現ではありません。横槍や干渉をする事を指し、足を引っ張る人に掛ける言葉です。状況を理解せず只思った事を後先考えず発言してしまい、その場の空気を著しく乱してしまいますが、当の本人は大概我関せずといった態度でいます。では水を差すとはどういう所から来ているかといえば、日本のお風呂事情は銭湯が主流でしたが、熱湯好きの人が先に入っていて、後から来た人がぬる湯好きであれば水を入れて湯加減を調整しようとします。ですが熱湯を好む人はそのままで入りたいから水を入れられるのは迷惑な訳です。当然、強く抗議をするので、まさに水を差さすなと言うでしょう。どうにも調子の悪い場合にしか使用しないみたいですが、交渉の中で話の方向性を変える時に「水を差すようで悪いですが」と前置きしてこちらの考えを述べれば、案外話し合いがスムーズに行く事もあり、使い方次第で悪いイメージの表現もうまい謙譲語になる事があるみたいです。

」で始まる言葉一覧

2542.水の流れと身の行方 2425.見様見真似 2407.見切り発車 2401.身を寄せる 2419.未曾有 2413.水掛け論 2319.身を切られるよう 2311.身を固める 2262.見るに堪えない 2395.身をもって 2287.身を誤る 2208.脈がある 2359.身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ 2303.身を起こす 2351.身を粉にする 2334.身を削る 2226.未来永劫 2244.見ると聞くとは大違い 2374.身を挺する 2253.見るに忍びない 2367.身を立てる 2388.実を結ぶ 2381.身を投じる 2343.身を焦がす 2217.冥利に尽きる 2279.見る目がある 2235.見る影もない 2271.見るに見かねる 2295.身を入れる 2327.身を砕く 2096.耳を貸す 2012.耳にする 2049.耳に入る 2025.耳にたこができる 2145.耳をそばだてる 2109.耳を傾ける 2168.耳を塞ぐ 2121.耳をくすぐる 2190.身も蓋もない 2133.耳を澄ます 2073.耳寄りな 2037.耳に付く 2085.耳を疑う 2157.耳を揃える 2179.見向きもしない 1999.耳に障る 1863.実るほど頭の下がる稲穂かな 1970.耳慣れない 1825.身の振り方 1841.身の程知らず 1808.身の毛がよだつ 1924.耳が痛い 1955.耳が早い 1940.耳が肥える 1886.身二つになる 1906.耳打ちする 1985.耳に入れる 1772.身になる 1754.身につまされる 1790.身の置き所がない 1736.身に付ける 1718.身に付く 1411.味噌を付ける 1437.道が開ける 1463.道草を食う 1487.道を付ける 1682.身に覚えがない 1700.身に染みる 1598.三つ子の魂百まで 1556.三日坊主 1511.三日天下 1577.三日見ぬ間の桜 1640.緑の黒髪 1619.三つ指をつく 1661.身に余る 1534.三日にあげず 1357.身銭を切る 1300.水を差す 1210.水をあける 1240.水を打ったよう 1270.水を得た魚のよう 1384.店を畳む 1329.水を向ける 1117.水の滴るよう 1149.水は方円の器に従う 1180.水も漏らさぬ 918.水際立つ 1019.水と油 1052.水に流す 1085.水の泡 952.水臭い 811.水が合わない 699.見ざる聞かざる言わざる 738.微塵もない 622.みこしを担ぐ 660.みこしを据える 775.水入らず 883.水清ければ魚すまず 847.水が入る 460.右の耳から左の耳 207.身が入る 583.みこしを上げる 294.身から出た錆 543.見切りを付ける 251.身が持たない 337.右から左 502.右にならえ 377.右と言えば左 420.右に出る者がいない 163.磨きを掛ける 75.見得を切る 119.見栄を張る 31.ミイラ取りがミイラになる