水が入る

【漢字】水が入る
【読み】みずがはいる
【意味】相撲の組み合いで勝負がつかない状態が続くと一時中断する。
【例文1】両者互角の戦いで決着がつかず水が入る。
【例文2】水が入った後の勝負も見ものだ。
【例文3】両者一歩も譲らず水が入る。

水が入るをテーマにした記事

白熱した熱戦に水が入るとちょっと白けてしまいます

相撲で取り組みが長時間にわたり動きがない状態が続くと行司が水入りを宣言して勝負を一時中断させることがあります。
守勢にまわって耐えていたほうからすれば、攻勢にある対戦相手が回復して攻めて来るのですから堪ったものではないはずです。
興行という側面がある以上、いたずらに勝負が長引くことは好ましくないのでしょうけれど何か釈然としないものが残ります。
観客としては何者にも介されない一対一の勝負を見たいと思うのが普通でしょう。
一瞬の隙も許されない一新いったいの攻防にこそ勝負事の醍醐味があるはずです。
水が入ると勝負の途中で制止させられ、十分な休憩という不純物を混ぜ込まれ、元の位置と元の体勢を再現して試合再開されても今ひとつ物足りなさを感じてしまいます。
試合の当事者や開催者の思惑とは全く無関係な水入りが存在するのは仕方のないことでしょう。
高校野球など屋外競技の宿命で天候によっては試合が続行不可能になりなます。
土砂降りの雨が降れば、文字通りに物理的な水入りで勝負は流されてしまいます。
どの程度で中止になるかの見極めが必要になるのですが、勝ってる方は続行を願い負けてる方は中止を願うという実に複雑な心境で試合が進められます。
無理矢理に全校生徒を集めて応援させたりしている場合などは特に思い入れなどない生徒がほとんどです。
散々に泥仕合をして結局雨天中止になるという何とも虚しい応援合戦をした経験から言えば、応援は心底興味がある者に限らせて欲しいと切実に訴えたいです。
いっそのこと水入らずで関係者のみによる試合をしてもよいのではないかとすら思ってしまった学生時代の記憶です。

水が入る

「水が入る」は「水入り」と言ったりもしますが、元は相撲の一番で中々勝負が決まらず組み合ったまま双方動けなくなった所で、行司さんが勝負を一旦中断させて一息着かせる時に水分を取る所からそう呼ぶ様になったみたいで、休憩後は再度組んでいた形に戻し、取り組みを再開するという一連の流れがあります。本来はいわゆる「コーヒーブレイク」寄りの意味であったのですが、近年転じて邪魔が入る的な使い方もあるみたいです。ですので他の野外スポーツでは、雨天による試合の順延を水入りという様です。そうなると場合によっては「水を差す」を使っても同じ意味になってしまうケースも出てきて、何だかややこしい事に思えて来ます。双方譲らず、良い戦いを繰り広げ中々勝負がつかない状態を変化させる周りの配慮でもあるので、やはりそれを上手く見極める勝負勘の様なものが判断する側にも求められます。一つ間違うと折角の好勝負がどちらかに有利に働く可能性が出て来ますし、勝負自体が題無しになりかねません。そうなるとまさに「水が入る」ではなく「水を差す」と言えるでしょう。程良いタイミングで一息を入れ、対峙する者同士がまた好勝負を繰り広げてこそ「水が入る」意義があると思います。

」で始まる言葉一覧

2542.水の流れと身の行方 2425.見様見真似 2407.見切り発車 2401.身を寄せる 2419.未曾有 2413.水掛け論 2319.身を切られるよう 2311.身を固める 2262.見るに堪えない 2395.身をもって 2287.身を誤る 2208.脈がある 2359.身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ 2303.身を起こす 2351.身を粉にする 2334.身を削る 2226.未来永劫 2244.見ると聞くとは大違い 2374.身を挺する 2253.見るに忍びない 2367.身を立てる 2388.実を結ぶ 2381.身を投じる 2343.身を焦がす 2217.冥利に尽きる 2279.見る目がある 2235.見る影もない 2271.見るに見かねる 2295.身を入れる 2327.身を砕く 2096.耳を貸す 2012.耳にする 2049.耳に入る 2025.耳にたこができる 2145.耳をそばだてる 2109.耳を傾ける 2168.耳を塞ぐ 2121.耳をくすぐる 2190.身も蓋もない 2133.耳を澄ます 2073.耳寄りな 2037.耳に付く 2085.耳を疑う 2157.耳を揃える 2179.見向きもしない 1999.耳に障る 1863.実るほど頭の下がる稲穂かな 1970.耳慣れない 1825.身の振り方 1841.身の程知らず 1808.身の毛がよだつ 1924.耳が痛い 1955.耳が早い 1940.耳が肥える 1886.身二つになる 1906.耳打ちする 1985.耳に入れる 1772.身になる 1754.身につまされる 1790.身の置き所がない 1736.身に付ける 1718.身に付く 1411.味噌を付ける 1437.道が開ける 1463.道草を食う 1487.道を付ける 1682.身に覚えがない 1700.身に染みる 1598.三つ子の魂百まで 1556.三日坊主 1511.三日天下 1577.三日見ぬ間の桜 1640.緑の黒髪 1619.三つ指をつく 1661.身に余る 1534.三日にあげず 1357.身銭を切る 1300.水を差す 1210.水をあける 1240.水を打ったよう 1270.水を得た魚のよう 1384.店を畳む 1329.水を向ける 1117.水の滴るよう 1149.水は方円の器に従う 1180.水も漏らさぬ 918.水際立つ 1019.水と油 1052.水に流す 1085.水の泡 952.水臭い 811.水が合わない 699.見ざる聞かざる言わざる 738.微塵もない 622.みこしを担ぐ 660.みこしを据える 775.水入らず 883.水清ければ魚すまず 847.水が入る 460.右の耳から左の耳 207.身が入る 583.みこしを上げる 294.身から出た錆 543.見切りを付ける 251.身が持たない 337.右から左 502.右にならえ 377.右と言えば左 420.右に出る者がいない 163.磨きを掛ける 75.見得を切る 119.見栄を張る 31.ミイラ取りがミイラになる