余勢を駆る

【漢字】余勢を駆る
【読み】よせいをかる
【意味】うまくいった勢いに乗って、さらに何かをやろうとする。
【例文1】難しい問題集が解け、余勢を駆って次を解く。
【例文2】余勢を駆って2号店をオープンする。
【例文3】自信をつけ余勢を駆る。

余勢を駆るをテーマにした記事

余勢を駆った藤井聡太4段

余勢を駆るとは勢い余ってというか、その勢いに乗って次も超えていく感じです。勢いって本当に大切だと思います。スポーツの世界などでは試合の流れはちょっとしたことで変わってしまい、その勢いに乗ると本来の実力以上の結果が出せたりします。
それはスポーツの試合だけではなくて頭脳戦でも同じことが言えます。最近一番余勢を駆った人というと将棋の藤井聡太4段ではないでしょうか?全く将棋が分からくても連勝がかかった試合がある日は気になって仕方がなかったです。
それにしてもメンタルが大切な将棋の対局であんなに報道陣が詰めかけるのも大人げないなと思います。しかし藤井聡太君のメンタルはそれ以上でした。周りの大人が騒いでいても一番冷静だったように感じました。
連勝記録を伸ばし、新記録を樹立した後に負けを喫するという映画のような良く出来た展開でした。個人的には余勢を駆ってもう一勝してほしかったのですが、それはまた今後の楽しみに取っておきたいと思います。
藤井聡太君は人工知能の将棋ソフトを駆使して実力をつけたという新世代の棋士です。そうなんです!将棋で人工知能に勝つことにはそんなに意味がないと思います。それよりも人工知能を上手く利用して自分の実力にする藤井聡太君はその時点で人工知能に勝っていると思います。

」で始まる言葉一覧

2555.世は相持ち 1827.夜を日に継ぐ 1843.世を渡る 1810.世をはばかる 1793.夜を徹する 1721.世を挙げて 1775.世を捨てる 1703.弱り目に祟り目 1757.世を忍ぶ 1739.世を去る 1416.世の習い 1601.寄らば大樹の陰 1467.呼び声が高い 1622.縒りを戻す 1685.弱音を吐く 1643.寄ると触ると 1559.夜も日も明けない 1491.呼び水になる 1514.読みが深い 1580.余裕綽綽 1442.世の目も寝ずに 1537.夜目遠目笠の内 1664.夜の帳 1335.世に問う 1276.世に聞こえる 1246.夜鍋をする 1389.余念がない 1216.四つに組む 1362.世に伯楽ありて然る後に千里の馬あり 1306.世に出る 1186.寄ってたかって 1155.予断を許さない 1091.よだれを垂らす 1025.葦の髄から天井をのぞく 1058.余勢を駆る 992.横を向く 924.横道にそれる 958.横槍を入れる 817.横紙破り 744.よく学びよく遊べ 705.欲の皮が突っ張る 628.欲と二人連れ 666.欲に目が眩む 781.欲も得もない 854.横車を押す 213.要求を飲む 343.羊頭狗肉 466.要領を得ない 426.要領がいい 589.良き分別は老人に問え 300.夜討ち朝駆け 549.良かれ悪しかれ 256.容姿端麗 508.用を足す 383.洋の東西を問わず 169.用が足りる 125.用意周到 37.善い事は真似でもせよ 81.宵っ張りの朝寝坊 1123.与太を飛ばす