「物心が付く」とは、世の中の物事がわかる年頃になること

「物心が付く」とは、世の中の物事がわかる年頃になること。

読み方: ものごころがつく

意味:

  • 世の中の物事がわかる年頃になる。
  • 幼年期を過ぎる。
  • 自分の周りの世界を認識し始め、記憶や経験が蓄積されるようになる。

年齢:

  • 一般的には、3歳から5歳頃と言われています。
  • 個人差が大きく、2歳から6歳頃までの幅があります。

発達段階:

  • 物心が付く頃には、以下のような発達がみられます。
    • 自分の名前や年齢を言えるようになる。
    • 簡単な指示を理解し、実行できるようになる。
    • 簡単な会話ができるようになる。
    • 物の名前や用途を理解し始める。
    • 簡単な遊びやゲームを楽しめるようになる。

補足:

  • 物心が付く時期は、個人差が大きく、明確な定義はありません。
  • 子供の発達には、環境や経験も大きな影響を与えます。

参考URL:
物心が付く(ものごころがつく)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書