察しが付く

【漢字】察しが付く
【読み】さっしがつく
【意味】表情や状況からだいたいの予想が付く。
【例文1】同僚は最近綺麗になったので、彼氏ができたと察しが付く。
【例文2】親は子どもの顔を見ればだいたいの察しが付く。
【例文3】その人の部屋を見れば察しが付く。

察しが付くをテーマにした記事

察しが付くことのない鈍感さについて

含蓄のある言葉や行動も言われてみれば「ああそうか、なるほど」と理解できるのですが、状況をわざわざ他人に説明してもらって納得してから行動していては遅すぎます。
かといって、常日頃から言葉や行為の意味についてうがった見方をすることに神経を使っていては身が持ちそうにありません。
ならば逆に、はっきり言わないと伝わらない察しの悪い人物であることを周りの方々に周知されていたほうが楽そうです。
皮肉や悪意すら鈍感に受け流してしまうこともあるかもしれませんが、大きな実害がないならどうということもないでしょう。
大体にして重要なことならば面と向かってハッキリと伝えるのが正しい方法でしょう。
日本人の奥ゆかしさや慎み深さは魅力の一つにあげられますが、悪癖としても受け取られそうです。
結果、察しが悪い人間が致命的な失敗に至るまで放置されることすらあるのですからたまったものではありません。
究極的には「雰囲気とかで何となく判れ」などと言われるのですが、これが一番困ります。
表立った反論はないけれど積極的な賛成どころか議論への参加意思すら伺えない場合などもかなり悩ましいものです。
察しを付けて行動すれば、失敗した挙句に全ての責任を負わされる羽目になったりと踏んだり蹴ったりです。
誰でよいので、「私の察しの悪さ」に察しが付く人が身近にいて欲しいものです。

」で始まる言葉一覧

1898.猿真似 1876.猿知恵 1852.猿芝居 1546.賛否両論 1523.三拍子揃う 1500.三拝九拝 1476.残念無念 1451.三年飛ばず鳴かず 1425.三人寄れば文殊の知恵 1399.三度目の正直 1372.山椒は小粒でもぴりりと辛い 1226.三顧の礼 1316.三尺下がって師の影を踏まず 1256.三三五五 1286.山紫水明 1345.三十六計逃げるに如かず 1134.去る者は日々に疎し 1166.触らぬ神に祟りなし 1196.三寒四温 1069.猿も木から落ちる 1036.座右の銘 1003.鯖を読む 970.里心が付く 901.五月の鯉の吹き流し 936.察しが付く 830.さじを投げる 794.砂上の楼閣 757.座して食らえば山も空し 679.酒は百薬の長 718.雑魚の魚交じり 602.先んずれば人を制す 866.左遷 641.策士策に溺れる 853.去る者は追わず、来る者は拒まず 889.才子多病 230.再三再四 316.才色兼備 481.先を争う 273.才子才に倒れる 563.先を越す 441.賽は投げられた 358.細大漏らさず 522.鷺を烏と言いくるめる 399.采配を振る 186.幸先がいい 54.細工は流々仕上げを御覧じろ 142.最期を遂げる 98.歳月人を待たず