胸突き八丁

【漢字】胸突き八丁
【読み】むなつきはっちょう
【意味】元々は富士山頂で頂上まであと八丁と言っていた。急斜面の長い道のりは胸を突くくらい息苦しいことから、目的達成寸前の一番つらいところ。
【例文1】マラソンで胸突き八丁にさしかかった。
【例文2】胸突き八丁まできたら頂上まで後少しだ。
【例文3】胸突き八丁を過ぎてゴールは目の前だ。

胸突き八丁をテーマにした記事

「胸突き八丁」を潜り抜けてきた津田梅子

「胸突き八丁」とは山道で登りのきつい難所。転じて物事を成し遂げるのに一番難しいところのことです。津田塾大学を開いた津田梅子の生涯は険しい登り坂の連続でした。
津田梅子は千葉県佐倉藩士の娘に生まれました。7歳の時にアメリカへの女子留学生の募集があり、それに父が願い出て、アメリカに留学します。ホームステイ先で可愛がられて育てられ、11年後に帰国しますが、その時には日本語をすっかり忘れてしまい、母や弟妹と話をすることもできませんでした。その後、彼女の英語力が買われ、伊藤博文の家で通訳兼家庭教師として住み込みで働きます。伊藤の推薦で華族女学校に教師として勤めますが、日本の女子教育に息詰まりを感じ、再度アメリカに留学します。3年後に帰国した時には、自分の目指す女子教育のできる学校を作ることを志し、華族女学校で、明治女学校で教鞭を取りながら、資金を集め、女子教育への機運が高まり、女子高等教育の法整備がされると、女子英学塾を開校します。小人数での英才教育を理念に掲げた学校で初めの学生は10人程度でした。それから専門学校へと形態を変えますが、増える学生数に合わせ、教員も増え、用地確保や資金繰りには苦労しました。「胸突き八丁」の難所を幾つも潜り抜けてきた梅子は65歳で逝去します。それから19年後、津田塾大学は開学するのです。人間としても女性としてもオールラウンドを目指す彼女の精神は今も受け継がれています。

」で始まる言葉一覧

2543.無病は一生の極楽 1864.向こう見ず 1925.胸算用 1887.武者震い 1907.無尽蔵 1791.無理もない 1773.無理無体 1701.無用の長物 1755.無理難題 1737.無理算段 1719.無理が通れば道理が引っ込む 1412.胸に迫る 1438.胸に手を当てる 1464.胸を打つ 1488.胸を貸す 1683.無味乾燥 1641.無念無想 1599.胸をなで下ろす 1557.胸を突く 1512.胸を借りる 1578.胸をときめかせる 1620.胸を張る 1535.胸を反らす 1662.無病息災 1358.胸に納める 1271.胸が塞がる 1241.胸が膨らむ 1385.胸に刻む 1211.胸が張り裂ける 1330.胸に一物 1301.胸が焼ける 1118.胸がつかえる 1181.胸が詰まる 1150.胸がつぶれる 919.無にする 1020.胸が躍る 987.胸が一杯になる 1053.胸が騒ぐ 953.胸が痛む 812.無駄骨を折る 700.矛盾 739.娘一人に婿八人 623.虫の居所が悪い 661.虫も殺さない 776.無駄足を踏む 884.胸突き八丁 848.無知蒙昧 208.向きになる 461.虫が好かない 421.虫が知らせる 584.虫の息 295.向こうに回す 544.虫唾が走る 252.無芸大食 338.向こうを張る 503.虫が付く 378.虫がいい 164.無我夢中 76.向かう所敵なし 120.昔取った杵柄 32.六日の菖蒲十日の菊