切羽詰まる

【漢字】切羽詰まる
【読み】せっぱつまる
【意味】追い詰められてどうにもこうにもならない。
【例文1】友人が切羽詰まった様子でお金を借りに来た。
【例文2】経営難で切羽詰まる。
【例文3】赤字続きで切羽詰まる。

切羽詰まるをテーマにした記事

思うように成績が上がらず切羽詰まる思いをした息子の高校受験

私の息子の高校受験の時はどうなることやら、本当にハラハラしました。
息子は中学生の時に部活動で剣道部に所属していたのですが、一つ上の先輩が進学した高校に自分もどうしても入りたい、そしてそこで先輩と一緒に剣道がしたいという思いを募らせていきました。
しかし息子の成績ではその高校に入学するにはまだまだ成績が足りませんでした。
息子なりには受験勉強を頑張っていたようですが、受験当日まで半年を切っても思うように成績が上がらずとても切羽詰まる思いでした。
受験まで半年を切ると、どんなに勉強してもなかなか成績が伸びないものです。なぜならこの時期になると今まで勉強をやっていなかった子も総じて勉強しだすし、成績上位の子はますます勉強するので、なかなか上がらないのです。
親としてどうしても息子を希望の高校に入学させてあげたいと強く思い、一生懸命応援しました。
とうとう安全圏に入らないまま進路決定をする日を迎えてしまいとてもとても悩みましたが、息子の頑張りを信じ、志望校を受験させることに決めたのです。
結果は残念ながら不合格でした。結果を知った時はもちろん親子でとても落ち込みましたが、不思議と悔いはなかったのです。
息子は今滑り止めで受けた高校に楽しく通学しています。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん