弘法筆を選ばず

【漢字】弘法筆を選ばず
【読み】こうぼうふでをえらばず
【意味】弘法大師はどんな筆を使っても見事に書くことから、その道の専門家は道具に関わらず、立派に仕事をこなすものである。
【例文1】美容師の友人は弘法筆を選ばずで、家庭用ハサミでも器用に髪を切る。
【例文2】料理人は設備が整っていない被災地でも弘法筆を選ばずだ。
【例文3】一度体験しただけで器用にこなすとは弘法筆を選ばず。

弘法筆を選ばずをテーマにした記事

「弘法筆を選ばず」の精神は現代にも脈々と受け継がれている

「弘法筆を選ばず」は、昔々の書道の達人「弘法様」がどんな粗末な筆であっても立派な文字を書いたことから、その道のプロフェッショナルは自分の使う道具や材料について不平不満を言わず素晴らしい作品を作り上げる、という意味になりました。またこのことが転じて、道具をえり好みして作品の不出来を道具のせいにする人を叱る時にも使われるようになった言葉です。
私がこのことを実感する場面は意外と多く日常の中に転がっています。私は趣味で絵を描くのですが、イラストレーションの世界では常に「アナログで絵が描けない人はデジタルでも描けない」だの「デジタルの機能を使いこなせない人は旧時代の技法にしがみついているだけだ」だのといった「デジvsアナ論争」が巻き起こっています。私自身アナログ絵から始まってデジタルに移行した人間ですが、どちらの言い分もうなずける部分もあり、首をかしげてしまう部分もあり、どちらが本質なのだろうと悩んだことがありました。
しかし私が尊敬する画家の方が、さらに尊敬する諸先輩方の言葉を引用して、「アナログならアナログ、デジタルならデジタルの良さに特化した絵を描くべきだと言う人もいれば、アナログでもデジタルでも同じクオリティの絵を描けるようにするべきだと言う人もいて、両方の先輩方の作品はどれも比類無いくらい素晴らしいものばかりだから、どんなアプローチであっても良い絵を描ければそれが正解だ」と言っていたのを聞き、目からポロポロと鱗が落ちたのです。これこそまさに「弘法筆を選ばず」だ、と。
絵に限らず、フライパンが良くないから料理が焦げただの、パソコンのスペックが低いから作業の質が落ちただの、自分の能力の範囲内のことであるのならば、どんな道具を使っていたとしても言い訳をしないで生きていきたいものだと反省させられる言葉です。

」で始まる言葉一覧

2100.五里霧中  2043.ごまめの歯軋り  2067.小耳に挟む  2103.転ばぬ先の杖  2127.コロンブスの卵  2163.言語道断  2186.権兵衛が種まきゃ烏がほじくる  2139.怖いもの見たさ  2004.子どもの喧嘩に親が出る  2079.孤立無援  2055.胡麻を擂る  2031.子は三界の首枷  2151.子を持って知る親の恩  2174.今昔の感  2115.転んでもただでは起きない  2017.子はかすがい  1992.言葉を濁す  1978.小手調べ  1963.腰を抜かす  1948.腰を据える  1917.腰を上げる  1897.故事来歴  1801.腰が低い  1875.五十歩百歩  1840.この親にしてこの子あり  1818.腰が弱い  1851.虎視眈々  1834.腰巾着  1747.腰が重い  1729.古今東西  1765.腰が強い  1783.腰が抜ける  1711.心を許す  1450.心に残る  1588.心を奪われる  1609.心を鬼にする  1545.心を痛める  1630.心を砕く  1522.心許ない  1567.心を打つ  1693.心を引かれる  1672.心を込める  1499.心にもない  1499.心にもない  1475.心に触れる  1424.心に刻む  1651.心を配る  1398.心に掛ける  1371.心に浮かぶ  1225.こけら落とし  1315.心が弾む  1255.心が重い  1285.心が通う  1344.志を立てる  1101.黒白をつける  1133.小首を傾げる  1165.孤軍奮闘  1195.虎穴に入らずんば虎子を得ず  1068.極悪非道  1035.故郷へ錦を飾る  1002.声を呑む  969.呉越同舟  935.業を煮やす  829.紺屋の明後日  793.公明正大  756.弘法筆を選ばず  678.公平無私  717.弘法にも筆の誤り  640.郷に入っては郷に従え  900.功を奏する  601.荒唐無稽  865.紺屋の白袴  229.後悔先に立たず  315.厚顔無恥  272.口角泡を飛ばす  440.好事魔多し  562.口頭試問  480.後生畏るべし  357.巧言令色  521.広大無辺  398.孝行のしたい時分に親はなし  185.甲乙付け難し  53.紅一点  141.行雲流水  10.鯉の滝登り  97.光陰矢のごとし