後生畏るべし

【漢字】後生畏るべし
【読み】こうせいおそるべし
【意味】自分より後から生まれてきた者は、若くて気力もあり将来への可能性を秘めており、いかなる力量を発揮するかわからない、おそるべきのものであるとの戒め。
【例文1】入社1年の彼は優秀で後生畏るべし。
【例文2】社長が後生畏るべしとあいさつを述べる。
【例文3】後生畏るべしだから気を抜くな。

後生畏るべしをテーマにした記事

後生畏るべし、まさに後出しジャンケンのごとし

一般社会での問題提起は、何が正解なのか皆目検討がつかないので誰か智恵を出してくださいといった感じで出されます。
予測がつかない変動をし続ける社会情勢が回答をいっそう困難なものにし、紆余曲折を経て正解と判ぜられるのは事が収束してからです。
立ち止まって正解が公表されるまで待つわけにもいかず、間違っていることも覚悟しても進むしかありません。
時間と労力を投入して間違っていることに気がつき元来た道を逆戻りなど珍しいことではないです。
成功と失敗をいくつも積み上げてようやく中堅と呼ばれる地位までたどり着いたとしましょう。
当たり前ですが、年齢を重ねれば退職する人もいて、補充人員として新人が入ってきます。
過去の知識に新しい技術を上乗せし気力体力とも充実した頼もしい…同じ職場にいるライバルです。
過去の失敗は華麗に回避し、「既にそれは見た」とドヤ顔をするアニメのキャラクターを思い起こさせます。
ひと昔前であれば、先人から伝えられ苦労して習得した技術や、試行錯誤の結果に新しく編み出した智恵は秘匿されて当然でした。
今の世の中では年功序列などお構いなしに知識や技術を貪りつくせる環境があります。
効率よい教育を受けた新人が優れているのは、ある意味ズルイ気もしますが文句を言うのも筋違いです。

後生畏るべし、出藍の誉れの言葉のとおり、面倒なしがらみも遠慮もない若者が年長者に追いつき追い越そうとする姿勢は頼もしい脅威です。

」で始まる言葉一覧

2100.五里霧中  2043.ごまめの歯軋り  2067.小耳に挟む  2103.転ばぬ先の杖  2127.コロンブスの卵  2163.言語道断  2186.権兵衛が種まきゃ烏がほじくる  2139.怖いもの見たさ  2004.子どもの喧嘩に親が出る  2079.孤立無援  2055.胡麻を擂る  2031.子は三界の首枷  2151.子を持って知る親の恩  2174.今昔の感  2115.転んでもただでは起きない  2017.子はかすがい  1992.言葉を濁す  1978.小手調べ  1963.腰を抜かす  1948.腰を据える  1917.腰を上げる  1897.故事来歴  1801.腰が低い  1875.五十歩百歩  1840.この親にしてこの子あり  1818.腰が弱い  1851.虎視眈々  1834.腰巾着  1747.腰が重い  1729.古今東西  1765.腰が強い  1783.腰が抜ける  1711.心を許す  1450.心に残る  1588.心を奪われる  1609.心を鬼にする  1545.心を痛める  1630.心を砕く  1522.心許ない  1567.心を打つ  1693.心を引かれる  1672.心を込める  1499.心にもない  1499.心にもない  1475.心に触れる  1424.心に刻む  1651.心を配る  1398.心に掛ける  1371.心に浮かぶ  1225.こけら落とし  1315.心が弾む  1255.心が重い  1285.心が通う  1344.志を立てる  1101.黒白をつける  1133.小首を傾げる  1165.孤軍奮闘  1195.虎穴に入らずんば虎子を得ず  1068.極悪非道  1035.故郷へ錦を飾る  1002.声を呑む  969.呉越同舟  935.業を煮やす  829.紺屋の明後日  793.公明正大  756.弘法筆を選ばず  678.公平無私  717.弘法にも筆の誤り  640.郷に入っては郷に従え  900.功を奏する  601.荒唐無稽  865.紺屋の白袴  229.後悔先に立たず  315.厚顔無恥  272.口角泡を飛ばす  440.好事魔多し  562.口頭試問  480.後生畏るべし  357.巧言令色  521.広大無辺  398.孝行のしたい時分に親はなし  185.甲乙付け難し  53.紅一点  141.行雲流水  10.鯉の滝登り  97.光陰矢のごとし