三十六計逃げるに如かず

【漢字】三十六計逃げるに如かず
【読み】さんじゅうろっけいにげるにしかず
【意味】計略がうまくいかなかった時は、あれこれ考えるより逃げるのも策略である。
【例文1】どうやらブラック企業のようだ。三十六計逃げるに如かずで辞める。
【例文2】10年経っても実らない。諦めも三十六計逃げるに如かずかな。
【例文3】作戦変更。三十六計逃げるに如かずだ。

三十六計逃げるに如かずをテーマにした記事

「三十六計逃げるに如かず」は兵法とは関係なし

「三十六計逃げるに如かず」は「形勢が不利になったときは、 あれこれ思案するよりも、逃げてしまうのがいちばんよい。転じて、めんどうなことが 起こったときには、逃げるのが得策であるということ」です。この言葉は「兵法三十六計」という兵法書と関係があるのかははっきりしません。数ある兵法書の中で有名なのは孫武という人が記した「孫子」という兵法書です。紀元前500年頃のもので孫武は戦争の記録を分析・研究し、勝敗は運ではなく人為的なものだとして、勝利を得るための指針を理論化し、本書で後世に残そうとしたものです。1972年に中国山東省臨沂県銀雀山の前漢時代の墓から出土した竹簡に記されたもの竹簡孫子が原典に近いとされています。文字通りお墓の中にまで持っていくほど愛読した人がいるのでしょうね。「孫子」の中には現代でもビジネスに使えるような名言が入っています。例えば「彼を知り己を知れば、百戦して危うからず」は相手のことをよく調べ情報を掴み、また自分のこともよく理解しておけば百戦錬磨であるということです。また、実戦の際に参考にしたのが、日中戦争時の毛沢東だと言われています。「孫子」のような兵法書もビジネスなど平和利用だったらいいのですが、実戦には利用してもらいたくないですね。

」で始まる言葉一覧

1898.猿真似 1876.猿知恵 1852.猿芝居 1546.賛否両論 1523.三拍子揃う 1500.三拝九拝 1476.残念無念 1451.三年飛ばず鳴かず 1425.三人寄れば文殊の知恵 1399.三度目の正直 1372.山椒は小粒でもぴりりと辛い 1226.三顧の礼 1316.三尺下がって師の影を踏まず 1256.三三五五 1286.山紫水明 1345.三十六計逃げるに如かず 1134.去る者は日々に疎し 1166.触らぬ神に祟りなし 1196.三寒四温 1069.猿も木から落ちる 1036.座右の銘 1003.鯖を読む 970.里心が付く 901.五月の鯉の吹き流し 936.察しが付く 830.さじを投げる 794.砂上の楼閣 757.座して食らえば山も空し 679.酒は百薬の長 718.雑魚の魚交じり 602.先んずれば人を制す 866.左遷 641.策士策に溺れる 853.去る者は追わず、来る者は拒まず 889.才子多病 230.再三再四 316.才色兼備 481.先を争う 273.才子才に倒れる 563.先を越す 441.賽は投げられた 358.細大漏らさず 522.鷺を烏と言いくるめる 399.采配を振る 186.幸先がいい 54.細工は流々仕上げを御覧じろ 142.最期を遂げる 98.歳月人を待たず