是是非非

【漢字】是是非非
【読み】ぜぜひひ
【意味】善悪の判断を公平にする。
【例文1】是是非非で話し合うつもりだ。
【例文2】是是非非のジャッジが求められる。
【例文3】是是非非の判定を行う。

是是非非をテーマにした記事

公平に判断する「是是非非」 

「是是非非」は、あまり聞き覚えのないことばですよね。意味として公平な立場で良い悪いを判断することです。
意味合いが違いますが、この言葉を聞いて最初に思い浮かべのがプロ野球の審判についてでした。想像以上に激務である審判の職業ですが、最近誤審が多いと騒がれているようです。球団によってストライクゾーンを変えていると噂があったり、頑なにビデオ判定を積極的に導入しなかったりと公平であるべき審判に対して疑念を持つ野球ファンは少なくありません。もちろん噂ではあるので真実ではないと思います。しかし、スポーツの審判は公平なジャッジが求められるので、審判団には頑張ってほしいです。
もっと公平さを必要とするのが裁判員だと思います。場合によっては無実の人間を死刑にしてしまう可能性もあります。シドニールメット監督作品の名作映画「12人の怒れる男」でも、有罪が確実視されていた少年を陪審員全員で話し合い、公平に審議することで少年の無実を主張することになります。
世の中は理不尽と言われる理由には、公平に判断できる人間が少ないこともあるのではと考えてしまいます。難しいことですが、もっと物事を公平に見ようとすることが大切です。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん